ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サッカー人として 三浦和良 「責任を取るということ」

本日の日経に掲載されていた「サッカー人として」。
カズの想いが直接心に伝わってくる
素晴らしい記事でした。
やっぱりカズはすごい。
カッコいいね。

-----------------------------------------

フットサル界を発展させるために君が必要だ―。
強い要請を受け、フットサル日本代表候補に加わることを決めた。サッカー界全体のことを考えた。自分がやれることを協力する。それ以上でもそれ以下でもなく、決めた道を僕は貫く。
J1昇格のかかる大事な時期に横浜FCが「行っていいよ」と手放すことは、カズは要らないと言われたのと一緒じゃないか。否定的な見方もあることは分かっている。「いま離れられると痛い」という山口素弘監督の考えも知っている。僕もクラブも監督も協会も、現場はプラス面もマイナス面も重々承知している。そのうえで悩みながら決断を下していくんだ。
人がやったことのないことをやるのは苦労するよ。でも誰かが新しい道を作り、誰かがその道に続く。道が壊れれば、また誰かが作り直す。この過程を通らなければサッカー日本代表だって現在の姿も発展もなかっただろうから。
自分はサッカー選手だから横浜FCを最優先する。フットサル合宿初日も集合前に横浜FCで練習してきた。佳境のJ2リーグ戦出場に標準を合わせて調整している。かつ、時間の許す限りフットサルに加わりたい。ワールドカップ(W杯)のため、勉強のため、出られるものは両方出たい。
まあ、大変だね。でも決断したのは自分。自分が好きでやっていることだから、自分で責任を取るよ。では責任って何だろう。結果が出なければ「すみません」と謝ること?「もうフットサルはやりません」と辞める?違うはず。全力を尽くすことが責任を取ることと僕は思う。勝っても負けてもそれをやる。
自分で行きたいと言ってブラジルへ渡った。イタリア挑戦もシドニーFCへの短期間の移籍も、全部自分で決めた。人生は自分の選択。だから成功や失敗はあってもそこに悔いはない。
目に見えた数字で表れなくても、時を隔ててから、「あの選択があったから」を思えることもある。僕にしかできないことなのなら覚悟を決めて勝負する。もし日本でプレーする場がなくなれば、世界中のどこまででもプレーできる場所へ行くつもりでやっているわけだからね。フットサルもやると決めたら責任を果たす。誰が何と言おうと。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2012-09-28 08:28 | 日々見聞録 | Comments(0)

「みをつくし料理帖」のドラマ化

ずっと前からライフログの一押しにも登録している
「みをつくし料理帖」が、昨日、ドラマ化されて放映されました。

歴史小説といっても様々で
歴史モノを読み始めたころは、司馬遼太郎を中心に
史実に比較的忠実で、あまり架空の人物が出てこない小説を読んでいました。
ノンフィクションが一番面白い、という感覚で。
で、ここ数年は山本周五郎でハマった下町人情モノがお気に入りなのですが
最近ではこの「みをつくし」シリーズが面白かったですね。


僕が小説を読んでイメージしていたキャスティングとしては
澪→蒼井優だったんだけど。。。
北川景子にはほっこり感が今ひとつな気がします。
(北川景子はあさひ太夫のほうがイメージとしては近いかな。)
あと、小松原を演じた松岡君にはもう少し影の部分と落ち着きが足りないし
又次はもう少し筋肉質なヤクザっていうイメージでした。

物語の役柄イメージって、小説を読んだ人それぞれで、
小説を読み進むにつれて
頭の中にその役柄イメージが出来上がっていくものなので
その部分では
ドラマになったときの違和感は避けられないですね。


それと、
小説がドラマ化された際に、いつも難しいなぁ、と思うのは
小説の場合は、登場人物の心情の描写が思う存分できますので
それが物語の深みを生んでくれると思うのですが
ドラマになったとたんに「制限時間」の枠が生じてきますので
どうしても薄っぺらい描写に感じてしまいます。
今回、「みをつくし・・・」にドラマで初めて出会った人に
この物語の良さ、伝わったかなぁ~?
微妙。
一度小説を読んでいただくことをオススメします。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2012-09-23 07:44 | 日々見聞録 | Comments(2)

Jリーグ第26節vsアントラーズ(2-1) みんなで掴んだ勝利

資格試験の勉強やら
会社の行事やら
家庭の行事やらで、めっきり試合から遠ざかっておりますが
今日もTV観戦。

実際見てないのにブログ更新もどうか、という気持ちも
正直あったのですが
今日の試合は選手の魂がすごーく伝わってきて
とてもいいゲームでしたので。。


中澤・栗原不在というハンデや
試合感の点で飯倉と榎本の交代も不安材料。
若いアンドリューの機用もどう出るか。
マルキーニョスが信じられないプレーで一発レッド。
榎本も足をつって交代。

幾重にも負の連鎖が重なって
普通ならズルズルやられても文句言えない状態だったと思います。

でも
勝ちたいという気迫が
そんなマイナスイメージを全く感じさせませんでした。

特に後半攻められているシーンで
青ちゃんとアンドリューが存在感を見せてました。
あと、なんといっても小野。
一人少なくなってからの追加点のシーンは
彼の真骨頂でした。

今日の勝ちが残りの試合にとって
いい意味のターニングポイントになってくれるといいっすね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2012-09-22 21:18 | 観戦記 | Comments(0)

Happy Birthday!

e0107641_6345183.jpg


妻の誕生日に「都筑ふれあいの丘」近くのイタリアンへ。


Divertente tavola (ディベルテンテ ターボラ)
神奈川県横浜市都筑区葛ヶ谷6-31 原ビル1F
2度目の訪問。

前菜
 エビのオーブン焼きガーリックバターソース
★マグロと山芋の和え物
 あと1品なにか(名前がわかりません)

パスタ
★きのことベーコンのクリームパスタ(ハーフ)
 (妻はサーモンのトマトクリームパスタ)

メイン
ホウボウのバルサミコ・バジルソース
(妻はビーフステーキジャポネーズソース マスタード)

デザート

その他
★プロシュートとトマトのピザ

★は絶品。
(その他もおいしかったけどね)
お店の内装はそっけないのですが
味は折り紙つき。奥様(?)のサービスも行きとどいております。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2012-09-14 06:35 | 日々見聞録 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite