ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!

あれ?勇蔵は??

ストイコビッチがスーツでなくてジャージだ!

【追伸】
e0107641_8173866.jpg

キングカズはやっぱりキングでした。
かっこよかった。
感動した。
体が震えた。

積み重ねた年月と努力と喜びと悲しみが
そこに凝縮されたかのような
魂のゴール。魂のカズダンス。

しっかり伝わったと思います。
ありがとう。カズ。
僕も頑張らなきゃ。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-29 19:23 | 日々見聞録 | Comments(0)

HERO~ハイパーレスキュー~

「非常に難しく危険な任務だった。国民の期待をある程度達成でき、充実感でほっとしている」――。
東京電力福島第一原発の冷却作戦で、10時間以上の「連続放水」を成功させた東京消防庁の派遣隊員の
一部が19日夜、帰京した。佐藤康雄総隊長(58)ら3人が東京都内で記者会見し、心境を語った。

 会見したのは、災害救助のスペシャリストである「ハイパーレスキュー」の冨岡豊彦隊長(47)と
高山幸夫隊長(54)。

 冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。涙を浮かべ、
声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みんな一生懸命やってくれた。残された家族ですね。
本当に申し訳ない。この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。

 高山隊長は18日、職場から直接現地に向かった。妻に「安心して待っていて」とメールで伝えると、
「信じて待っています」と返信があったという。

 佐藤総隊長も妻にメールで出動を伝えた。「日本の救世主になってください」が返事だった。


日本中、いや世界中が
放射能の恐怖に慄いて、福島の原発の動向に注目が集まる中
まさに国難を救ったヒーロー。

もっと大きく取り上げられてもいいと思う。

ありがとう。
僕はあなた方を誇りに思います。


・自衛隊も良く頑張った!
・東京電力の社長は全然出てこないね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-21 20:54 | Comments(2)

東日本大震災

今度の地震でお亡くなりになった方々にお悔やみを申し上げると共に
行方不明や連絡がつなかない方々が一人でも多くご無事でいられることを
お祈り申し上げます。


横浜にある事務所内で社外の方との打ち合わせを終えて
自分のフロアに上がってきたときに
事務所内にある緊急地震速報に連動したサイレンが回っていた。
サイレンは、緑・黄・赤のものがあって
地震レベルによって該当のサイレンが回るのだが
席に着いた時には緑から黄色にその色が変わった。

揺れは少しずつ大きくなった。
最初は小さい縦揺れから始まって
そのうち横揺れが始まり
机のキャスターが動くほどの大きな揺れに変わったとき
これはヤバイ、と思って机の下に隠れた。
机の下に隠れようとしたけれど
揺れの大きさに一度転ぶ。
そのまま横スライドしてなんとか机の下に。
揺れはゆっくりと大きく、何分も続いて
ビルの軋む音とモノが落ちる音、書庫やキャビネットが倒れる音など
様々な音が重なった。
ビルが倒れるのだろうか、床が落ちないだろうか、
まったく生きた心地がしなかった。
「ついに東海地震が来た」と思った。

揺れがなんとか収まった後でTVをつけて
震源が東北三陸沖だと知って大きな衝撃を受ける。
横浜でこれだけ揺れたのに、震源の三陸地方はどんだけ・・・
考えると怖かった。

自宅、妻の携帯、兄弟の携帯、妻の実家、妻の実家の携帯
自分の机から何度も何度も電話をかけるが
当然のことながら繋がらない。
偶然妻の携帯と繋がって、妻も娘も無事だと知った後
揺り戻しがあってもう一度机の下に。
一度揺れてビルがダメージを受けたあとだけに
2度目の揺れのほうが怖かった。

2度目の揺れの後、自宅に何度も電話するも
呼び出し音が鳴るだけで応答なし。
心配している旨のメールを出して返信があったのが30分後。
メールの応答速度が信じられないほど遅い。
自宅付近は停電していることを知り、
なんとか繋がった電話で
漏電火災を避けるためにブレーカーを落とすよう指示。

長崎の自分の実家と連絡が取れる。
「今、お花の教室が終わって帰ったところだけど
 ちょっと揺れたね」みたいな。
こっちは大変なことになっていることを手短に説明。
兄弟からメールが入る。
妻の実家にも連絡がつき、少しほっとして次の作業に入る。

事務所内を最低限整えた後、
事務所の仲間の安否確認と同時に
仕事先、客先に電話して安否確認。
電話が全く繋がらない中、数時間電話を繰り返す。
夜8時を過ぎる辺りから急に固定電話が繋がり始める。

そうしている間にもTVから様々な情報が入ってくる。
震源地近くの被害の様子をはじめ、
首都圏のJR、鉄道各線が全く運行していないこと、
バスに群がる人々の群れ
テールランプで埋めつくされた道路
歩いて自宅に戻ろうとする震災難民の映像。

携帯のドコモの緊急地震速報が鳴る。
なんで最初の一番大きな地震の時に鳴らずに
震度3で何度も鳴るか。

全ての得意先の無事を確認した後、
帰る電車もなく、歩いて帰宅した場合の想定帰路を調べるものの
4時間以上かかりそうであることがわかり
事務所に宿泊することを覚悟し始めたとき
銀座線や東京メトロの一部、東横線が復旧したとのニュース。
自分が通勤に利用している横浜市営地下鉄の復旧が知らされたのが
夜中12時過ぎ。

かなりのラッシュを覚悟して事務所を出たものの
時間的に既に電車での帰宅を諦めた人が多かったせいか
普段の朝のラッシュ程度の込み方で
無事帰宅。


翌、土曜日。
1時過ぎに寝たはずが
4時に目が覚めて興奮で寝付けない。
6時近くにドコモの緊急地震速報で「神奈川県で大きな地震」と警報が鳴る。
ついにきたか、と一瞬覚悟を決めるが空振り。
いい加減にして欲しい。

自分が担当している現場が心配だったので
一旦事務所に出社。
用意を整えて現場へ向かう。
現場自体は大きな被害がなく安心するも
すぐ近くで倒壊の危険があるビル周辺が道路封鎖されている現場を目撃して
ダメージの大きさを改めて知る。
現場の方と情報交換をして特に問題のないことを確認。
会社の近くのよく行く居酒屋にも顔をだして
事務所に昼過ぎ帰社。


私の場合は電車で自宅に帰れましたし
揺れは怖かったですが、結果的に大したこともなく
本当に幸運でした。

サポーターの間で被災者に対する何らかのアクションが始められているようです。
復旧まで相当永い時間を要すると思われるだけに
できれば一過性のものでないなにか
自分にも出来る支援に協力していきたいと思っています。


(追伸)
友人が、仙台に住むご両親とやっと連絡が取れたとのこと。
良かった~!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-12 22:29 | 日々見聞録 | Comments(0)

ホーム開幕 嬉しいこと、悲しいこと

嬉しいこと
・名古屋に行けなかったので個人的には開幕戦。
 あのスタジアムの興奮が、僕の生活に戻って来る。
・数少ない観戦友達と会えるかも。

サッカーに笑わされ
サッカーに泣かされ
サッカーに叫び
サッカーに怒り
サッカーに歓び
そんな生活が戻ってくる。
楽しみで楽しみで楽しみで楽しみで
前日ですがいつもより早く起きちゃった。


悲しいこと
・山瀬が違うユニ着て来る。

僕の中では
田中とか小宮山とかどうでもいいです。

礼儀正しい山瀬のことだから
もしかしたら
試合前とか後とか、挨拶に来るんじゃないか。
でも、拍手はできても
「俺らの10番 横浜の・・・」山瀬の歌はもう歌えねぇ。

兎に角、川崎に勝ちたい。
開幕戦。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-11 05:47 | マリノス見聞録 | Comments(0)

ドゥトラが今も現役で頑張っている件について

岡田監督時代に
「ドゥトラだけは代わりがいない」と言わしめた
今や伝説の左SB。
ドゥトラが2006年末に戦力外になってはや4年が経ちました。
今も試合を観ている際に
SBがセンタリングに失敗した時は、つい
「今のドゥトラだったら・・・」なーんて思ってしまう瞬間があります。

彼の大ファンだった私は
時々移籍先のSport Club do RecifeのHPを覗いています。

でも、久しぶりにHPにアクセスする際には
「もしかして、もう・・・」という悪い予感というか
ドキドキしながら選手リストを覗いてます。
今年度も懐かしい顔がHPに掲載されていて
ほっとしました。
e0107641_17562418.jpg

あんまりブラジルリーグに詳しくないのですが
セリエBに所属するチームなのかな?
昨年は54試合に出場
今年も15試合中?9試合に出場し
前節ではボランチで出てたみたいです。
37歳!クラブ最年長ですが、頑張ってほしい!
地球の反対側から、今も応援しています。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-09 18:10 | マリノス見聞録 | Comments(5)

Jリーグ開幕戦vs名古屋(1-1) もったいないけど、しょうがない。かな?

待ちに待ったJリーグ開幕です!
名古屋行きを計画していましたが
金欠により断念。
スカパー観戦です。

飯倉小林栗原中澤波戸谷口小椋兵藤長谷川大黒渡辺
ゲームのタクトを振るう中村がいないということと
チームの完成度がイマイチということからか
慣れ親しんだ4-4-2で開幕戦はスタート。
個人的には小椋と谷口のダブルボランチの方が
安心してみていられるので好みですが
中村が戻ってきた場合は
今日も見た感じ長谷川の調子がいいので
谷口か小椋が抜けて中盤ダイヤモンドですかね。

黄色いチームがわがチーム。

いきなりロングボールからDFの裏に千真が抜け出してチャンスを作りました。
今日はロング有だな、ということで
それも個人的には
タイミングを見てパスを繋ぐばかりでなく
ロングも混ぜて行って欲しかったので
ヨシヨシって感じでした。
最初はマリノスが手数をかけずにパスをまわして
明らかにマリノスペースでしたが
試合が落ち着いてきて名古屋に攻め込まれる展開に。

金崎のループは肝を冷やしました。
ナイス谷口!
さらに中澤がクリアボールを空振り!
ケネディのシュートに飯倉横っ飛び!
ひゅーってなりました。

ポッポのシュートは決めてほしかったなぁ。
あと、ポッポはソツないプレーですけどスピード不足で
サイドから相手のマークを外してセンタリングに繋げられるイメージがないですな。

後半の兵藤のシュートは見事でした。
家でぜっきょー。
やー、悪いけどシュートをふかしているイメージがあったのですが
こんなすごい兵藤のシュート、初めて見ました。
一度シュートフェイントかけて、中に切れ込んで
楢崎の位置を確認して、
逆サイドのクロスへシュート!
素晴らしい。
ゴール前の落ち着きが出てきてくれれば
兵藤は無敵ですな。
期待します!

しかーし。
永井が出てきてから
DFの裏に抜け出て、飯倉と1対1になるわ、(飯倉様様)
ダイレクトボレーがバーに当たるわ、(これも飯倉が触ってた)
中澤はぶち抜かれるわ
最後は栗原までぶち抜かれて
エリア内でたまらず倒してしまいました。
恐ろしや・・・

PKを決められて飯倉がめちゃくちゃ悔しがってましたが
今日は何度も飯倉に助けられてましたし。

栗原の判断としては
PKを与えるプレーより
あたっている飯倉に任せた方が
失点の確立としては少しは低かったかもしれませんが
何度か外していた永井は最後のシーンではミスしてくれない勢いがありました。
もったいないけど、・・・しょうがないとも言えるかな。

勝ち点3目前で、とても残念。
でもプレシーズンではいいところがあんましなかったので
まあ、次に繋がるゲームとは言えるということで。

ホーム開幕に、歓喜の雄叫びは取っておきましょう。
川崎戦はいろんな意味で楽しみですね!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-05 23:30 | 観戦記 | Comments(0)

いよいよ明日からJリーグ開幕!

リーグ制覇を成し遂げた絶頂のときも、
どうしても勝てずに混乱し、胸が苦しい時も、
ロスタイムの歓喜の瞬間も、絶望の底に叩きつけられた時も、
どんなときも一緒に戦った、愛する選手達との別れがありました。

去っていく選手達の生き様や
新しい環境での様子にヤキモキしたり、ほっとしたり、
また、一喜一憂させられたりもしました。

社長の挨拶に憤りを感じたり
サポカンを実現出来たり
目まぐるしいストーブリーグへの突入でした。

チームの補強方針にぼやいたり
新聞報道に踊らされたり踊ったりしました。
僕達が愛してやまないこのチームの事を、
「ずっと憧れだった」と言って加入してくれた選手もいました。

新しい戦力が整うにつれて
心の中のカサブタが
少しずつ少しずつ取れていくのが自分でも不思議でした。

そんなこんな
いろんなことがあった冬が終わって
いよいよ新しい闘いの始まり。

Jリーグ開幕です!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2011-03-04 12:27 | マリノス見聞録 | Comments(2)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite