ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

田中裕介 No.5の頂は遠かった

小宮山の時と同じようなコメントを残して
田中裕介がフロンターレに移籍。

動虎の魂のこもった質の高いプレーを、
実際に身近で、肌で感じていたであろう彼が
そのNo.5を背負うことになったわけで。
その番号の重さの意味を知っていたであろう彼が
その頂に達することなく
他のチームを選んでしまったことが
動虎の大ファンとして
本当に惜しい、という気がします。
動虎のNo.5の後継者がいなくなっちまった。
お前の力、もっと見せて欲しかったよ。

金が帰ってきた!
彼が在籍していた時よりも
もしかしたらCB定位置争いが激しくなっているかもしれませんが
彼の潜在能力に期待しています。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-28 19:11 | マリノス見聞録 | Comments(0)

ゴルフ納め

e0107641_18185156.jpg
アクアラインを通って今日は木更津でゴルフ納め。
年間ベストが出たー!大満足。
来年は80台前半を目指して頑張りまーす。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-28 18:33 | ゴルフ | Comments(0)

感謝 ~ 山瀬功治選手へ

山瀬功治選手の移籍先が川崎フロンターレに決定しました。


「横浜の山瀬」を歌う時
僕はいつも、横浜Fマリノスに山瀬がいる、という誇らしさを感じていました。
分かっていたことですが
これでもう「俺らの10番」を歌うことがなくなるかと思うと
とても残念で、とても無念で、とても申し訳ない気持ちでいっぱいです。

これからはもう、
俺らの10番でも、横浜の山瀬でもなくなるんだ、と思うと
・・・・・・・切ないですが
山瀬選手のプレーには
歓び、感動を沢山頂きました。
本当にありがとう。
そしてごめんね。

別のチームのユニフォームを着た山瀬選手を
もう、これまでのように
大きな声で誇らしげに応援することは出来ませんが、
これからは「川崎の山瀬(泣)」になって
更なる高みに向けて駆け上がっていくであろうあなたの今後のご活躍を
地団駄踏んで、指をくわえて
お祈りしております。



これで川崎はジュニーニョがトップ、
2列目ヴィトール ジュニオール、山瀬か。
とんでもなく怖いな。
こういう補強をGood Jobっていうんだろうなぁ。

あーあぁー↓
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-26 07:51 | マリノス見聞録 | Comments(3)

クリスマスの夜景

e0107641_1844571.jpg

[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-25 18:46 | 横浜見聞録 | Comments(0)

Merry Merry Christmas

e0107641_5523995.jpg
Tonight's gonna be alright.

今、我が家にもサンタがやってきました。

(・・・緊張した。)
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-25 05:33 | 子育て | Comments(0)

最近の動き 徒然

サポカン
→行く気マンマンだったのに・・・
  議事録ありがとうございます。

山瀬に川崎が正式オファー
→あーもー
  やっぱこうなっちゃうじゃないかー。
  川崎の山瀬、広島の山瀬、どちらも怖いよなぁ。
  すげー牙を剥かれそう。
  でもサポカンによるとパスサッカーがマリノスの伝統だったようで(意外)
  うちではその能力を生かしきれなかったってことかなぁ。
  悲しい。

青山
→ファンタジーサッカーでいつもお世話になっていました。
 いいと思います。
 すごく。

谷口
→ファンでした。(奥さんの)
 チューリッヒにもお世話になっておりました。
 なんかむかーしヘッドでゴール決められたような記憶が。
 プレーに魂こもってて敵としてはとても怖い存在でした。
 いいと思います。
 すごく。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-16 06:15 | マリノス見聞録 | Comments(0)

サポカンに向けて徒然

戦力外となった選手達のことも大事だけど
これからのこともちゃんと聞きたい。
折角の場なので。
仕事をなんとか都合つけてサポカン出席したいです。


これまで監督が代わるたびに、
去年まで積み上げてきた戦略戦術は一旦白紙にして
そこからシステムや選手起用について根本的に一からチームを作り直し。
夏ごろまで暗中模索が続いて、やっと秋口にチームとしてものになってきたとしても
戦い方の底の薄さが露呈して惜しいところで続かない。
結局成績は中位。

2年目でまた、新たな取組に着手して
また夏ごろまで暗中模索。
結局2年目も成績は中位。

で、また監督が代わって
その繰り返し。

これまで何年も社長や監督がコロコロ代わるたびに
そんなことを繰り返してきました。
この先も、今年ACLを目指す、的な短期目標のみにとらわれた
クラブ運営を続けるならば
また監督や社長が変わることがあったときに
これまた同じことの繰り返しのような気がしてなりません。
マリノスも名古屋やC大阪のように
いい選手をあっちこっちから引っ張ってきて
「ブレない長期ビジョンなし」で一気に優勝に絡む方法を取るなら
それはそれで短期的には支持しますが
それじゃあ寂しい。

社長が代わっても、監督が代わっても
「マリノスの戦い方はこうだ。」という「背骨」が欲しい。
監督や選手の人事は、
まず長期ビジョンありきで、それをものさしにするくらいのことをしないと
監督が代わるたびにビジョンも変わるなら
選手もどっちを向いて走ったらいいのか
毎年一から試行錯誤しなければならず
折角獲得した選手も、もし新しい戦術に合わなくなれば、さようなら。
これじゃあ、時間と金がもったいない。

チーム所属の履歴とJ出場試合数、選手の特徴、だけじゃなくて
「○○という長期ビジョンに照らして、ここがチームのウイークポイントだったので
この選手を獲得しました。」
くらいの新加入選手紹介が欲しいくらい。

「見ている観客がドキドキワクワク」「ちゃぶる」というものが
その長期ビジョンだとは思えないし
ブレないマリノスの伝統の戦い方が1本あって、
相手チームもそれを分かっていても止められない、というような
そんなビジョンが是非欲しいと思います。(贅沢言い過ぎ?)

少なくとも、
いままでで最も優秀で、かつサッカーに理解と情熱をお持ちだ、と言われている社長と
その横にはかつて「ミスターマリノス」といわれた監督がいる、この時に
10年後のマリノスを考えた長期ビジョンを作らないで、いつ作るんだ、
という気がするのですが。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-07 17:36 | マリノス見聞録 | Comments(0)

涙の最終節

e0107641_21422278.jpg
e0107641_21585220.jpg


試合の前の練習後、河合が
ゴール裏に向かって何度も胸のエンブレムを叩く姿を見て
涙腺が崩壊しそうになりました。

来期からはもう
今年は坂田がやってくれそう、みたいな
そんな期待をする事がなくなってしまうのかと思うと
寂しいです。
気付いたら毎年期待し続けてたよ、そういえば。
サンキュー坂田、サンキューな。

俺らの10番
横浜の山瀬
この歌を歌う度、
横浜には功治がいる、という
誇りを感じていました。

届け
直樹コール
声が枯れるまで。


過去には
去っていく選手達に、
きちんと挨拶できないシーズンもありましたが
今回は一人一人に
最後にありがとうを言えて(ジロー以外(笑))
本当に良かった。
ちゃんと感謝のキモチが伝わったから
それだけは良かった。

最後までさりげなさ過ぎだ。ジロー。
ジローには挨拶できなかったけど
それもジローらしいってとこかな。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-04 22:56 | 観戦記 | Comments(0)

ビジョンが見えない

なにに危機感を感じているかって、
一番はフロントのビジョンのなさ、方向性のなさに危機感を感じています。
(毎年毎年この時期に思うことですけど。。。)

山瀬を戦力外にして、大黒にオファーってどういうことよ。
主力を大量解雇って、それじゃ俊輔プロジェクトは何のためだったのよ。

毎年の契約にしたって、
監督人事にしたって、
チームの方向性に一貫性がなければサポだけじゃなくて
これから入団する選手にしても
将来ビジョンが見えないチームに
誰が人生かけてくれるものか。

ジェフの関係者の方々には大変失礼な言い方かもしれませんが
一時期のジェフが辿った悲しい道筋を
まさにウチのチームも歩もうとしている気がして。。。

と、思っていたら見事に記事をあげられていました。
いたく納得。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-12-03 12:05 | マリノス見聞録 | Comments(1)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite