ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

W杯 いよいよベスト8への戦い。策士岡田監督に期待!

2004年12月の浦和レッズとのCS第1戦(H)を前に、
岡田監督は
「短期決戦ならやりようがある」と言って、
当時、中盤から激しくボールを奪って速攻で攻めてくるレッズに対し
ロングボールを多用してレッズにサッカーをさせず、
セットプレーで河合が押し込んだ虎の子の1点を守りきって
緒戦を制しました。

今回もココ1番。
セットプレーに強い本田、遠藤、俊輔を擁し
相手はボールを奪って速攻で攻めて来るパラグアイ。
インタビューでは
「作戦は秘密です」とコメントがあったように
なんか、考えてるよーよー。


あの時の再現とかやってくれると
マリノスサポにしか分からない「いつか見た景色」みたいで
僕はとしてはとても嬉しいです。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-29 18:34 | 日々見聞録 | Comments(0)

W杯 グループE 日本代表vsデンマーク(3-1)

日本代表 決勝トーナメント進出おめでとう!
e0107641_039820.jpg


日本の属したEグループは、
ブラジル、ポルトガル、コートジボワール、北朝鮮の
Gグループほどではないけれど
オランダとデンマークが順当に行けば勝ち上がり、
ひょっとしたらカメルーンにも勝機ありか、
と言われていたグループで、
僕自身も正直、そう思っていました。
良くて0勝2敗1引き分けかな、と。

岡田監督の短期決戦の手腕については
かつてマリノスの監督時代のことを思い出して
「何かやってくれるだろう」「惨敗するだけでは終わらせないだろう」
とは思っていましたが
選手を選んだ後に戦略を変更した際には
ちょっと本当に大丈夫なんだろうか、と心配していました。
戦略を変更したなら、
別の選手選択もあったでしょうし。
田中達とか興梠とか・・・

それが、なんということでしょう。
まさかデンマーク相手に3点とって勝つとは!
恐れ入りました。
さすが勝負師。

本田のシュートは今大会ベストゴールですし
3点目のお膳立ても見事。
遠藤のFKは、まさに狙って入ったシュートでした。

でも僕にとって一番グッと来たのは
試合終了後に佑二と釣男が抱き合ったシーンかな。
4年前にブラジルにけちょんけちょんにやられてから
佑二の中ではW杯にやり残した気持ちが強くあったはずで、
さらに、今回のデンマーク戦では
特に日本のウイークポイントを高さと捉えたデンマークの監督からも
パワープレーで攻めるような発言もありました。
なめんなよ!と。

そんな中、ほぼ完璧にデンマークを押さえた功労者同士の歓喜の抱擁は
グッと来ました。

試合後のインタビューで
4年前のW杯で成し遂げられなかった決勝トーナメント進出を決めました、
と聞かれて
最初から目が充血していた佑二が一瞬
キモチが高まったようで受け答えが珍しく詰まったシーンがありました。

おめでとう。ボンバー。
4年前からの念願ではなくて、
きっと高校からブラジルに渡ったときからの
夢がかなった瞬間だったのだと思います。

一方、俊輔は出場できるストーリーが見えない状況ですが
最後まで諦めない姿勢はビシビシ伝わってきます。
もしもチャンスが巡ってきた時には
このままでは終わらせない意地を是非見せて欲しい。
それだけです。
頑張れ。俊輔。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-26 00:40 | 観戦記 | Comments(0)

さあ、決戦

さあ、早く寝よう!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-24 19:56 | 日々見聞録 | Comments(0)

W杯 グループE vsオランダ(0-1)

マリノスサポーターとして
中村俊輔には期待もしていたし、
今の状況をバネにして、出場を果たしたなら必ず何かやってくれると
信じていましたが
少なくとも昨日の試合は彼のオリジナリティーを発揮することなく
ただ中盤を彷徨っていたかに見えました。
大久保や松井の方が何倍も機能していました。

玉田、岡崎を含め
交代した3選手は折角後半出番が来た割に
体力が一番残っている彼らの役割をこなすことが出来ず
まだ、疲れた大久保のほうが走っていた気がします。

是非デンマーク戦で汚名を晴らしてもらいたいですね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-20 21:45 | 観戦記 | Comments(0)

W杯 グループE 日本vsカメルーン(1-0) 勝利!

本田が値千金の1点を決めてくれ、
また、慣れないポジションで体を張ってボールを収める役割をこなした
彼が間違いなく主役でした。

でも、動じない松井のテクニックは際立っていて
攻撃にアクセントと落ち着きを与えてくれましたし、
長友はエトーにほとんど仕事をさせなかったし、
大久保は献身的に動き回って再三FKを獲得してくれましたし、
長谷部は周囲が足が止まってしまってからも
岡崎の惜しい場面に繋がる切れ味鋭いシュートを打ってくれて
あの時間帯にあの攻撃が出来るあたりが彼の成長を感じさせてくれましたし、
もちろん我らがボンバーは
相手の決定的なシーンに何度も顔を出して危なげなく止めてくれましたし、
川島は伸びるボールに手を焼いていましたが
眉間に深い皺を寄せた鬼のような形相で相手を威嚇してくれましたし、
阿部ちゃんはエトーのユニフォームを引っ張ってドキドキさせてくれましたし、
釣男はオウンゴールを控えてくれましたし、
まさに全員で掴んだ勝利!というべき試合でした。

嬉しいです!嬉しいです!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-15 12:36 | 観戦記 | Comments(0)

W杯 グループE オランダvsデンマーク(2-0)

デンマークの守備も強さを感じましたが
やっぱオランダ強いね。

オランダvsデンマークとの試合と
日本vsカメルーンの試合とでは
残念ながら試合の質が全然違いました。
オランダ戦はカメルーン戦とは全然レベルの違うプレッシャーがあるだろうけれど
今日以上の集中力で守りきって欲しいです。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-15 07:59 | 観戦記 | Comments(0)

W杯 グループC イングランドvsアメリカ(1-1)

イングランドのGKは一生忘れられない痛恨のミス。
こんなこともあるのがサッカーなんですな。

対照的に、アメリカのGKは当たってましたね。

イングランドは日韓のときに
ブラジルvsイングランドを静岡に観に行った縁で
結構好きなチームかな。
アメリカと引き分けたことで
このグループCは混沌としてきましたね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-13 20:36 | Comments(0)

W杯 グループB 韓国vsギリシャ(2-0)

韓国強いぞ。

強い、速い、うまい。
どっちがヨーロッパのチームか分からないような
そんな展開でしたし
ちょとこれはアジアの中では一皮向けたチームですね。
こりゃ強いわ。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-12 22:20 | 観戦記 | Comments(0)

ナビスコvs神戸(1-1)

斉藤学、初ゴールおめでとう。
ここまで長かったね。
これから一気にその実力を開花させて
バカスカ得点を重ねることを願って止みません。

ただ、最終戦は勝つしかなくなりましたね。
仕事の都合で行けないのが残念!
松が復帰した湘南戦(子供の熱であえなく不参戦)といい、
見れてないなぁ!ちくしょー。

W杯直前ですが、
こちとら、マリノスに飢えてきましたよー。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-05 20:22 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite