ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Jリーグ第4節vs神戸(1-1)内容では負けていた試合

TV観戦。

ん~~~~~~~~~~~~~~~~って感じ。
千真のゴールはうまいシュートでしたが、
相手DFのミス絡みですし、
反対に、神戸には何度も決定機があって
しかも試合は神戸の守備にガッチリ抑えられて
いいところを出せず、神戸の試合でした。

ポポのシュートも見事。
棚ボタ勝ち点3はもらえなかった、ってことかなぁ。

でももったいない。
もっと時間を使う方法もあった、とも思うけど。。。

まあ、内容から言って
むしろ勝ち点1拾えたって見方もあるのかもしれません。

。。。3位だし。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-27 19:52 | 観戦記 | Comments(0)

Jリーグ第3節vs川崎(4-0) もしかして・・・強いの?(あ、いっちゃった)

e0107641_19433396.jpg
公式から拝借。
飛車角落ちの川崎に完勝!!


浮かれてますよ。
ええ、浮かれちゃってますよ


試合前の緊張感とは裏腹に、
蹂躙、とかそんな言葉がピッタリ来るような
一方的な試合でした。

まあ、俊輔含めて、あれだけ献身的に全員守備して
攻守の切り替えがあれだけ早ければ
どこに当たってもかなりのレベルの戦いができると思います。

それに。
得点のにおいのするところにいちゃう新人王とか
日本有数のドリブラーでありアタッカーである俺らの10番とか
元俊輔2世と言われた天才とか
髭刈り取り王とか
どこまでもこま鼠みたいに追いすがる早稲田のキャプテンとか
肉弾のようにFKに飛び込んでくる番長とか
日本最高のセンターバックとかいる中に
最高のピースがきちゃったんだから。

でも、はまりすぎです。
はまりすぎて怖い。

俊輔のミドルはビビッた。
でも、
今まで燻っていた鬱憤を打ち払うかのように
覚醒した功治が躍動する姿に僕は感動しました。

千真はくやしそうだったな。
この悔しさを次節にぶつけてくれ。


じゃ、そろそろ家ビーで乾杯しましょうか。
また1週間気分えぇなぁ。

はやく鹿島とやってみたい
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-20 20:54 | 観戦記 | Comments(0)

次節川崎戦のみどころ

やぁー、まだホーム開幕の余韻が・・・
勝つっていいなぁ。。。

前節。
山瀬がゲームコントロールの役割から解放されて
前だけに意識を持って勝負できるようになったし
俊輔がピッチをワイドに使ってくれるから
サイドの縦へのスペースが空いて切り込みやすく
水を得た魚のような
本来のキレキレ度を取り戻せたように思います。

俊輔→逆サイドの山瀬へ大きな展開→山瀬縦に突破
→中に切れ込んでシュート・ゴール→もしくはこぼれだまを千真が押し込む
みたいなシーンが数多く見れそうな気がしました。


そして、今節。
俊輔と狩野のコラボレーションが見られそうな
次節vs川崎フロンターレ戦。

あー楽しみだなぁー。

長谷川の位置に山瀬、
山瀬の位置に狩野、となりそうですが
川崎には稲本がいますし、湘南のように俊輔をフリーにはさせてもらえないでしょう。
ただし、狩野を俊輔と両立させることで
俊輔を囮にしてフリーになった狩野から
山瀬、という展開も期待できるんじゃないでしょうか。
また、フロンターレは前3人の個性が強烈なだけに
4-1-2-3の中盤が少し空く悪癖もある気がします。
空いた中盤で俊輔シフトをしかれたら、それこそ中盤ガラガラですし
さらに小宮山の上がった裏をうまくつけば
面白い展開になりそうな気がします。

今節は、狩野の出来、自由になった山瀬の一味違ったFW。
そこ、期待して注目です。


それと、コミーもブーイングを期待しているようなので。

存 分 に 味 わ う が よ い 。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-19 08:10 | マリノス見聞録 | Comments(0)

ホーム開幕第2節vs湘南ベルマーレ(3-0) 俊輔復帰戦(ハトくんも)

e0107641_958077.jpg


なんだろう、このドキドキ感は。

俊輔頼りになってはいけない。
あくまでも彼の加入がチームとして機能しなければ、
その先は望めない。
俊輔がチームの唯一の処方箋であってはいけない。

彼の一挙手一投足にどよめき、盛り上がるスタジアムを尻目に
ある種天邪鬼的に試合を冷静に見ようしても、
また、ココロにいくら言い聞かせようとしても、
現場を取り巻く巨大なうねりに逆らうことが出来ない。
ドキドキワクワクが、
やがて気付かないうちに歓声に、絶叫に変わる。


たしかに
相手DFの動きを冷静に読みきり
方向転換、フェイントを駆使してさりげなくポジションを替えながら
パスコースの空いているところまで
移動しつつボールキープが出来る能力は抜きん出ていますし
今までにあまり見られなかった逆サイドへの展開も再三演出してくれました。
FKを獲得したときのオーラも格段に違ってましたし、
もっとフィットしてきたときに
一体どんなワクワクを僕らに見せてくれるのか、
そんな期待感に溢れた横浜復帰戦となりました。


でも、
キレキレの功治、鋭いドリブルが相手に与える脅威
栗原の強さ
千真の嗅覚
狩野の意地
そしてなんと言っても絶体絶命のシーンを何度も凌いだ飯倉の反射能力
これら全てを一言に
「俊輔効果」と言ってしまっていいものではないと思います。
チームの躍動感が素晴らしかった。圧巻でした。


強豪と当たった時に、同じことができるかどうか。
まだまだこれからですし、
湘南との実力さがありすぎた、ということを忘れてはいけないんでしょうけど
期待できるんじゃないでしょうか!今年のマリノス!

とりあえず今日は、
「和司さん。ありがとう。」って感じで。





あっ!ハト君も復帰おめでとう。僕はちゃんと見てたよ~
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-14 09:58 | 観戦記 | Comments(2)

ホーム開幕!闘う準備はできたか?

e0107641_1103872.jpg

アンパンマンの年チケ。準備万端。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-13 11:04 | マリノス見聞録 | Comments(0)

Jリーグ開幕戦vsFC東京(0-1) そりゃ無いぜロスタイム弾。

ひゃっほぅ!開幕! 
e0107641_2215255.jpg

味スタは見やすいのぉ。
ロスタイム以外はいい試合でした。

え、飯倉なの?って感じと
始まる前は、田中がCBで、小椋がボランチの方が
いいのでは、と思ってたんだけど
田中のあの機動性は捨てがたいね。
あと、坂田より長谷川をFWに選んだ理由が
試合を見ていてよく分かりませんでした。
まあ、練習で積み上げた結果なんでしょうね。
練習見に言ってないので分かりません。

確かに攻撃のシーンでは
繋ぐだけで得点のにおいがしなかった去年と比べて
前に、前に向く意識、
バイタルエリアでの仕掛け、
そういった和司効果が見れた。
今日の試合は、それでよし、とせざるを得ないのかな。

守備は最後のポイントではキッチリ抑えていた印象だったのですが
梶山、石川、赤嶺が入って
ガラッと変わったっていうか
そんな3人そんなとこで出てくるなんて
反則だ。

後半35分くらいのいいところで、娘が
「おしっこ」
とノタマッタので
心の中で「ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」と叫びつつ、
超特急で階段を下りて上って
席に着いたら、アレだ

帰ってきてTV録画見て気付いたとこ
・中澤が結構FK蹴ってた。
・東京はクロスに対して2人とか3人とか飛び込んできてるんだよなぁ。
・「現在の10番は山瀬」とか言ってんじゃねぇぞ、TBSの馬鹿チンが。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-06 22:18 | 観戦記 | Comments(0)

新たなチームメイト

別れた彼女が戻ってきたような、そんな感覚?

フロントは槍玉に挙げられ、
斉藤元社長は体調不良に、
木村浩吉監督は更迭され、
サポーターの期待は裏切られた。

一方で俊輔も
描いていた夢は儚くも消え
傷心での帰国、J復帰となりました。

互いに傷つき合った過去は
しらんぷりして無かったことにするのではなくて
過去の傷は傷として認識して
新たな信頼関係を築くことを願う。
「横浜で闘う覚悟はできたか」という弾幕は
そんな前向きなサポーターのメッセージだったと
勝手に捉えています。

W杯に選ばれなかった時、
スペインを選んだ時、
常に自分を厳しい環境において自らの成長を自ら課してきた彼ですから
スペインを選んだことは無駄ではなかったという言葉は
負け惜しみではなくて
彼にはそれを糧に出来るだけの能力と経験が
あると確信しています。

3年契約。
そして
「横浜を強くして大きくしたい」と語った彼には
恐らく「横浜で闘う」覚悟は出来ているのだと思います。

再びチームメイトとなった俊輔。
僕は期待せずに入られません。
週末に迫ったJリーグ開幕を、
お陰で
ここ最近無かったくらいのドキドキ感をもって迎えられそうです。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-03-01 12:38 | マリノス見聞録 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite