ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

We Are F・Marinos

最近、うちの娘(2歳8ヶ月)が、
「We Are F・Marinos」をよく歌う。

それはとてもいい傾向なのだが、
でも、
何故か

Wow Wow Wow Wow!エーフマーリノース♪

の後、歌い出しはいつも

「決してあかなーい あみーどー」
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-22 06:05 | 子育て | Comments(2)

おめでとう千真

試合は見てません。
とりあえず千真の新人最多得点だけは
いいニュースでした。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-22 00:59 | マリノス見聞録 | Comments(0)

天皇杯vs川崎(1-2) 来期の話は早いけど。

あえて言うと、
王冠を目指していくチームとしては
ピッチの女神に微笑んでもらうチームとしては
まだヌルいのだと思う。

昨日の試合においては
決定的な2点目を与えてしまったシーン。
あのような危険なエリアで
あのような試合展開で
あのような時間帯で
ドリブルを選択してしまう意識がヌルい。
小宮山個人を責めるつもりも「ある」けれど
それ以上にそういったプレーを許してしまうチームの雰囲気も
どこかヌルいところがあるのではないか。
飯倉も未だ坊主にしないし。(ちがうか)

もちろん
選手達が必死で昨日の試合に臨んでいたことも分かっていますし
特に後半、川崎との間で
ちょっと間違えば身を切られる真剣のやり取りのような
ピリピリと音が聞こえてくるような緊張感溢れる戦いを目の当たりにし、
最後まで全力で戦い抜いてくれた
選手には頭が下がりました。
そして試合の後には僕も立ち上がって精一杯の拍手を送りました。

でも、今
優勝目指して一試合も、一点落とせない戦いを繰り広げている川崎と
今のマリノスとの差は
感じているよりもっと、徹底的に大きいんじゃないでしょうか。
そんなことを今回の試合を見て感じました。

そんなチームのちょっとしたミスを
絶対に許さない、絶対に犯さない。
大事な試合で、大事な時間帯で
昨日の小宮山ような、ナビスコの飯倉のようなポカを
絶対に許さない、絶対に選択しない。
そういったチームとしての厳しさが
今の若いマリノスには
まだ、どこか足りないんじゃないか。


Jリーグを2連覇したころ。
久保やジョンファンの個人技で1点先制すれば
後は鉄壁の守備陣が何とかしてくれる、
とさえ思っていたころのマリノスの戦い方は、
確かに派手さは無かったし、
「マリノスの戦い方はつまらん」と他チームサポからも言われていました。
でも、「つまらん」と言わせるほどの
完璧を求める気概、厳しさ、その存在の大きさが、
当時のマリノスにはあった気がします。
(まあ、哲也にも若気の至りがあったけどね)

今年、浩吉さんのお陰で
狩野、アーリア、兵藤らは飛躍的にその実力を伸ばしました。
千真はそのポテンシャルがJリーグでも十分通用することを
世に知らしめてくれました。
でも、それだけでは王者になるべきチームとして資格十分かというとそうではなくて、
その座に着くためにはもっともっと研鑽していかなくてはならない部分があるんだと思います。

強かった頃のマリノスの
当時のチームの厳しさを知る松田、中澤には
来期、ヤングマリノスに
王者となるためには、今何が欠けているのか、
そういったことをちゃんと整理して
きっちり若手に教えて欲しい。・・・そういう役割を期待したい。
シーズンは残り3試合だけしかないけれど
来シーズンに向かって、そういう視点でのリーダーシップを
残された試合に期待したいです。

特に松田には、今以上に若手に厳しく意見を言ってもらいたいと
個人的には思います。
勝ち抜くチームには何が必要なのか
厳しさを求めるためには、誰かが鬼にならないといけない。
あなたにしか出来ないコトです。
若手に対しても、もちろん自身に対しても、
鬼になれ、松田。

功治のシュートには身が震えました。
今期、自身の怪我と、
それからシステム、監督との問題、等で
満足のいかなかったシーズンだったかと思いますが
鬱憤を晴らすような素晴らしいゴールに
惚れそうになりました。
来期も残って欲しい。
あなたの力が必要です。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-16 12:35 | 観戦記 | Comments(7)

スタジアム第2駐車場の仮設橋(単管)をなんとかして欲しい。

私は子連れでスタジアムに行くもので、車でスタジアムに行っています。
いつもスタジアムの第2駐車場に車を停めているのですが
第2駐車場からスタジアムの入口へ向かう階段との間に大きな溝があって、
その溝の上に仮設の単管パイプで橋が設置されています。

エレベーターを使わない利用者は
駐車場からスタジアムに向かうには
この仮設の単管で出来た橋を渡って、階段を上らなければ行けないのですけれど
もうそろそろ仮設ではなく、本設の橋を架けることを
横浜市に検討してもらいたく、市にメールしました。

横浜国際競技場が出来た当時、1998年からずっと
かれこれ10年近く仮設なわけです。
橋を渡る時にゆらゆら揺れるんですよねー。
工事現場の仮設に使われている材料だし。
「国際競技場」という名の施設として
ちょっとこの現状はないよな、と思います。

子供と一緒に仮設の橋を渡る際に、
子供がまだ小さいせいもあって、足取りも危なっかしくて
揺れる単管の仮設橋を渡るのが少し怖いですし
もう仮設のまま10年経過していることから
いつ老朽化による事故が起こってもおかしくない現状。
心配です。ホント。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-10 06:43 | マリノス見聞録 | Comments(0)

Jリーグ第31節vs大分(1-2) 全ての面で負け試合。

戦術も、走力も、キモチの部分も、
何もかも大分が勝っていた試合。
千真のゴールは報われないことが多い気がする。

前半はうちの楔の縦パスをことごとくカットされてカウンター、
というループにはまっていた様な試合展開で
臨機応変な対応ができないウチの悪いところが出てしまいました。

何度も攻められて
悪い空気になってきたなぁ、というところで
フェルナンジーニョに決められる。
さすがにペナエリアで1対1になった時の
上手さはブラジル人ですなぁ。

縦パスも狙われてたし
その前のパス回しも、なんかちっこい奴(大分のユニって、背番号がよく見えん。)に
カットされまくってたなぁ。
よく研究されてました。

そんな時、チームとして閉塞感を打ち破る戦術なり熟度なり
今年の課題はそこなんだろうなぁ、と思いながら
前半だけで2失点。

スタジアムで貰ったハマトラの
文丈と吉田コーチの対談のなかで
「Fマリノスらしいサッカーとは」という問いに
文丈が
「日産自動車時代からのうまさ。うまいって言うのはボールを扱うテクニックだけじゃなくて
駆け引きのうまさや相手の嫌がると事をうまくついたりする様な賢さも出しながら
最後はタイトルを獲るっていうのがFマリノスのサッカーだと思います。」
と、語っていましたが、
そんなもん、いったいどこにあるんだよ、って試合でした。
誰か言ってたけど、チームも監督もなにもかも育成途中。。。
せめて誰か、佑ニとか松田とか河合とか
試合のコンダクターとも言える立場の人間が
やり方を変えよう、とかしないとダメなんでしょうけど。

後半からはサイド攻撃が増えて、
少しずつチャンスが増えましたが
3トップになってからぐんとウチのペースに。

千真が1点決めてくれてチームとしても乗ってきたところで
ホイッスル。
乗ってくるのが遅すぎました。

個人的には清水戦は行けないので
この試合がJホーム最終。
ある意味「今年を象徴するような負け試合」。
千真のゴールと功治の復活を見れたので
良しとしますか。。。
って、良しと出来ねぇ。。。
この試合でJホーム最終とは、
個人的に、こんな最悪なシーズンあったかなぁ。

天皇杯、もう一度キモチ入れ替えて。
川崎(多分川崎なんだろうから)にはもう負ける所を見たくありません。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-09 05:40 | 観戦記 | Comments(0)

娘との触れ合いタイム

立ち寄りのため、出社が少しだけ遅い朝。
いつもはまだ寝ている娘が、今日は起きてTVを見ているぞっ。(笑)

私「(娘)ちゃん、じゃぁパパは会社行ってくるよ!」
娘「・・・(TVから視線逸らさず)」
私「(娘)ちゃん、パパは会社行ってくるよ!」
娘「・・・(TVから視線逸らさず)」
私「(TVと視線の間に割り込んで) (娘)ちゃん!じゃぁパパは会社行ってくるよ!
娘「・・・(娘)ちゃんね、今、TV見てんの(TVから視線逸らさず)」

私「・・・(泣)行ってきます。
妻「(笑)行ってらっしゃい。」 
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-07 03:45 | 子育て | Comments(0)

清水港「おがわ」にて「とろ鉄火丼」を喰らう

まずは・・・どーん!
e0107641_3294981.jpg


さらに・・・丼ー!
e0107641_331253.jpg


e0107641_331283.jpg・・・身がデカくて・・・一口で食えねぇ~~(笑)

前に並んでる人が、「大盛りは身も大盛りですか?」って聞くもんだから
思わず僕も大盛りにしちまった・・・
正解!大満足!

名物は「次郎長丼」ってのらしく、
とろ、鉄火の他にイクラ、エビ、イカとか乗っているらしいのですが、
俺りゃ、マグロしかいらねぇ。
正解!

e0107641_3361225.jpg
食事処「おがわ」
清水駅前の清水港市場内
054-352-0202
「とろ鉄火丼」1000円→大盛り300円プラス
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-07 03:38 | おいしんぼ | Comments(0)

木村浩吉監督 今季限りで解任

低迷した順位を理由に解任されたということで、
マリノスが本当に優勝を目指していると言うことが
今回のことでハッキリしました。
そういう意味では良かったと思う。


突然の解任通告に、
「これで辞めるならJ監督を2、3年続けることは絶対に無理。
腰を据えてやろうとしたから、俺にしたんじゃないのか」という
浩吉さんのコメントがネットに出ていましたが
それは、本来
育成しながらも勝利には貪欲にならないとイカン
プロとしては、ちょっと違うんじゃないかと思う。
頑張ってくれた浩吉さんにはもちろん感謝していますが。

それと・・・
確かに、今ウワサに上っているアノ人が監督となったら
話題性十分だしカリスマ性もあるけれど
ただ、マリノスOBと言うことで
経験のない浩吉さんに監督に就任させた失敗を
また繰り返すような人選には反対です。

目指すものの方向性が見えないというか
筋が通っていないというか・・・。


「監督力」って
優勝を目指すためには欠かせないと
思うんですよ。やっぱり。

次の監督は、あくまでも「優勝を目指すチーム」として
十分に納得のいく人選であって欲しいと
切に願います。

プロの監督を。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-05 21:32 | マリノス見聞録 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite