ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Jリーグ第8節vs磐田(1-0) 1-0の勝利は気分がいい。

e0107641_6102761.jpg

VAMOS!渡邉千真!
そのゴール前での落ち着きはリアルストライカー。
飄々とした風貌、立ち振る舞いからは想像できない
図太さを秘めているんでしょうね。
キーパーの手の届かないゴール隅に
DFに囲まれる直前に回転をかけて振りぬく
憎いほどの落ち着き。
いやはや、参った。
2桁得点どころか8試合で5得点と言うことは
34節で21得点獲った去年のマルキーニョスと
同等のペース。
行っちゃえ!新人得点王!

もう一人のヒーローは飯倉。
奥さんが「飯倉って改めてカッコイイ顔ね」というくらい
ヒーローインタビューでの彼は輝いていました。
鋭い飛び出しは飛ぶような速さで
危なげなく、そして的確なセービングで
完封勝利に貢献しました。


磐田は開幕からどん底の状態でしたが
「イグノ」の加入から生まれ変わったような勢いを見せていただけに
怖い存在でしたし
ヨシカツ、那須とマリノスに縁の強い選手が在籍するチームとあって
絶対負けたくない相手でした。
そのイグノですが、数字的には完璧に抑えたといえると思いますが
ゴール前のポジショニングが素晴らしい選手で
ここに出られたらやばい!というポイントに
ことごとく飛び出して来てました。
1対1になりかけたシーンもありましたが、飯倉の飛び出しに助けられました。

そのイグノと前田、西に加えて
ジウシーニョをサブで使えるほどの充実したFW陣は羨ましい限り。
最後はなんかFWばっかりの布陣で
あー怖かった。
・・・って、この痺れるドキドキ感が
「1-0で勝つチーム好き」の私としては
タ・・・タマラン!

狩野のボランチ、坂田のスタメンでまず「お、そうくるか」と思いましたが
85分に狩野→小椋の交代をして
1-0勝利を明確に指示。
これには当たり前の采配ですが「お?」っと。
超攻撃志向の浩吉さんのこういう采配は
初めてのような気が。
最後は時間稼ぎの交代もちゃんと使い切って
なんかこりゃ王者の采配っていうんですかねぇ。
コノコノ。

1-0の勝利の味は格別です。
「1-0で勝ちたい」と言っていた
哲也には悪いけど。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-30 06:47 | 観戦記 | Comments(0)

Jリーグ第7節vs名古屋(1-2) 

TV観戦。

坂田のシュートはあそこからよく打った。
角度の無いところからノシュートは
過去、何度か見たことがある気がします。
「何処からでも打つ」というFWの気概が垣間見れる気がして
角度の無いところからのシュート、結構好きです。

セットプレーでの2失点。
2点目は浩吉さんも言っていたように
哲也を責めるのはちとかわいそうかな。
相手を褒めるしかない、いいシュートでした。くそ。


しかし・・・なんというか、
セットプレーでの失点だけで負けると
切ないですね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-27 05:55 | 観戦記 | Comments(0)

「おっぱいバレー」 鑑賞感想文

決して不純な気持ちで見に行ったんじゃないよ!
そんな簡単に見れると思ったら大間違いだからね!


会社の先輩後輩、男女5人で見に行ったのですが、
やーしかし、笑った笑った。

仲村トオルの決めゼリフのとこなんか、
笑いすぎて
暫く肩の震えが止まりませんでしたヨ。

「エビ星人の逆襲」とか、背景の遊びも見逃せませんし、
「スーパーカー自転車」や車、カメラ、
懐かしのヒットメドレーなどなど、
使われている小道具も懐かしいことといったら。

最高のB級映画、最高の楽しい時をありがとうございました。

やー笑った笑った。
(後輩の女の子は何度も泣いたそうですが)



その後、おっ○○繋がりで
「豚のおっ○○」が食べれるっていうだけで行った
ホルモン焼肉 「ぶち」
でしたが、かなり美味かったです。

注文で「おっ○○!」「おっ○○!」って
うるさくってどうもゴメンなさい!

[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-24 22:10 | おもしろ見聞録 | Comments(0)

Jリーグ第6節vs鹿島(0-0)

TV観戦。

たしかにマリノスが押している時間帯はありました。
前半は互角でしたが、解説の相馬も話していたように
ゴール繋がる形のチャンスの数はマリノスのほうが多かったと思います。
さらに、後半開始直後は怒涛の攻めを見せていました。

決定期も何度かありました。
兵藤のシュートはポールに阻まれたし
千真が足を滑らさなければアゥエー初ゴールが生まれていたかもしれません。
鹿島相手に「俺達はやれる」という感触はつかめたかもしれません。

でもハーフタイムにDFの裏を狙うよう指示したオリベイラは
後半の早い時間帯のマリノスの攻撃を耐え凌いだ後、
早くも50分台に大迫に替えて興梠を送り込み
マリノスのDFラインを徐々に下げさせることに成功。
中盤の密度が落ちたマリノスは
生命線のプレッシングでセカンドボールを拾うことが出来なくなって
その後は一方的に攻められ続けました。
ああなっちゃうと、どうすりゃいいんでしょうね。


鹿島と引き分け。
現王者に通用するところと通用しないところがあった。
通用するところがあったことが分かったのは、少しだけほっとした。
可能性は感じた。
狩野はありゃもう代表級だね。
(移籍金撤廃、怖いなぁ。)
それにナンツッタッテ2試合完封ですよ。

悔しいんだけど、どこかちょっと嬉しい。
けど、やっぱり残念。

まあ、まだまだ課題は沢山あるっちゅーことで。
前に進み甲斐があるじゃないですか。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-19 14:48 | 観戦記 | Comments(3)

ipod+NIKEでウォーキング 

昨年末から続けているウォーキング。
3週間前にぎっくり腰をやってから、お休みしていましたが
今日から復活。

昨日メタボ検診をしてきたことだし、また頑張りますよ!

桜の並木道の中をウォーキングすることを楽しみに
寒い時期から歩き続けていたのに
3週間休んでいたうちにすっかり桜も散ってしまい
少々残念ですけど
でも、今は
ハナミズキやツツジ、目を落とすとムスカリ、アシュガ、ツルニチニチソウ
などなど
様々な花々が競ったように咲き乱れていて、
ウォーキングもますます楽しくやれそうです。

e0107641_757918.jpg

貰った「メタボメジャー」は
なんと85cm以上が赤くなってます!

さあ、今日は鹿島戦!
現地には行けませんがTVの前で応援します!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-18 08:00 | 日々見聞録 | Comments(0)

エルゴラ「なぜ山瀬功治は使われていないのか」(藤井記者)

その理由については
さすがの藤井さんも直接的な書き方を避け、
紙面上では明確な言葉で表現されていません。
浩吉さんと功治の確執を匂わせる紙面構成になっておりまして、
誰もが感じていただろう内容です。

むしろ、記事の内容よりも、
注目の首位鹿島との対戦を控えたカラー見開き紙面の1/3以上を
この話題に割いている事が、
一層この問題の根深さ、深刻さ、異常さを改めて感じさせます。

特に神戸戦終了後の功治の

【自分に何が出来るかは自分が一番良く知っている。
 他人になんと思われようと関係ない。】

というコメントは、
二人の関係に大きな溝を感させましたが、
この紙面でも大きく取り上げられています。

職場の上司に対して
「他人になんと思われようと関係ない」
とまで言い切るからには相当な行き違いがあるのでは
と想像されます。
ココで何度かこの問題についても私見を書きましたし
デリケートな問題だけに
ブログの更新が滞っているのも
今は迂闊なことを書けない、という状況なのかもしれませんね。


相当頑固そうな二人ですが
プロなんですから
次節以降も結果を出し続けることが
一番の解決策になってくればいいな、と思います。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-17 08:03 | マリノス見聞録 | Comments(7)

Jリーグ第5節vs神戸(5-0) ホント、泣きそうになりました。

開始早々2分に千真が体勢を崩されながら押し込んだ
ゴールハンターの香りプンプンのゴールを決めたときには
勿論嬉しかったんだけど、

「開始早々のゴール。なんか不吉な予感」

を同時に感じるという負けカモメのデジャブ。


ところが、
久々のスタメンでさぞかし気合が入っていたと思われる功治が、
相手ゴール裏近くにしか席を確保できなかった僕達家族のの目の前を
疾走。その、独特のリズムで相手をかわしてゴール。

この試合、絶対に功治にスタメンで出てもらいたかったという願い、
鬱積した思いを爆発させろ!という想い、
まるで、そういったサポーターのキモチを背負ったかのような
力強いドリブルから、描いたセンターへの美しい切り込みの軌跡、
思い切りのいいシュートがネットに突き刺さった時、
雄叫びとともに涙腺が一気に緩みそうになって
危うく泣きそうになってしまいました。

どうだ!これが俺らの10番、横浜の山瀬!

今の横浜に欠かせないピースだということを
まざまざと見せ付けてくれた功治のゴールに
今夜は乾杯!


千真も勿論すごいゴール。
2本ともモノホンのストライカーを感じさせる
素晴らしいゴールでした。

でも、おじさんは
今日功治のゴール(特に1本目)が嬉しくって、嬉しくって。
酔っ払っております。

それと。
5点獲ったことも嬉しいですが
完封の味はまた格別ですな。

あー酒が旨い!!

功治のブログの更新、待ってます!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-11 22:22 | 観戦記 | Comments(0)

西伊豆「松濤館」に一泊温泉旅行

結婚10周年だったので伊豆の温泉に行ってきました。
泊まったのは
部屋の大きな窓から駿河湾越しの富士山が見える宿「松濤館」。
e0107641_5552540.jpg

部屋から見える景色も最高でしたが
飯もうまい、サービス満点、施設もリニューアル・一部新築しなおしてとっても綺麗。
10周年の記念旅行で、ここでよかった、と思える最高の宿でしたよ。

宿に行く前に沼津港の「かもめ丸」にて沼津丼を。
e0107641_559067.jpge0107641_5591558.jpg


宿でのすばらしい食事の数々。
e0107641_60359.jpge0107641_604473.jpge0107641_605645.jpg
e0107641_611686.jpge0107641_613190.jpg


翌日、宿の足元の漁港でお祭りをやってました。
e0107641_625288.jpg

漁港のお祭りだけに
神輿じゃなくて、漁船!
顔に白粉塗って踊る姿がなんとも面白くって、
見ているほうまで、なんだか幸せな気分になるような、いいお祭りでした。

e0107641_644720.jpg帰りにまた沼津港に寄って、
今度は金目鯛の煮つけを。(「むすび屋にて」)
このお店はコストパフォーマンスがかなり良かったです。


久しぶりにゆっくりできました。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-09 06:06 | 日々見聞録 | Comments(0)

救世主は、山瀬功治。

raichiさんに考えさせられるコメントを頂いたので、さらに書きます。


「大きな街の育成型チーム」が
小さな街の育成損チーム、小さな経営チーム、になってしまわないためには
まずコンスタントな観客動員が必要だと思います。

そのためには、
なんと言っても、「ホームで勝つ」こと。これは絶対。
ホームで勝てる、という新潟とか浦和みたいな雰囲気をつくりだすのは
サポーターの役目であり使命だと思います。
ここはサポーターが頑張れるところ。
ホームで勝っていれば、客は来ると思います。

それから、「軸となる選手の代表入り」も観客動員には必要でしょう。
育成チームを目指し、チームに競争意識は不可欠なんでしょうけれど、
軸となる選手を代表に送り出すためには
その選手はやっぱりコンスタントに試合に出して、
活躍の場を与えることも必要なんだと思います。
そうすることで観客動員もついてくる面はあると思うんです。


山瀬功治選手は今、岐路に立っているんだと思います。

僕は、6月にチームは俊輔を絶対獲る、と思っています。
日産の財政難とか色々囁かれていますが、
俊輔を獲得するのは観客動員を確保する一番分かりやすい方法だから。
すると、チームの筋書きでは、
もしかしたら功治は来年放出、ということなのかもしれません。(想像ですよ)

功治をベンチに、若手起用、はその布石にも思えてきます。
育成の先にあるのは、
もともとそのポジションにいたベテランの
放出か、ポジションチェンジか、控え、でしょうから。


功治が
那須のようになるのか、
清水のように成るのか、
直樹のように成るのか、


直樹だろ、と僕は思います。(もしくは上野)
直樹は一時は4バックの採用でスタメンから外れましたが
ボランチに活路を見出し、存在感を十分に見せつけてくれました。
そして、今ではまた、CBの真ん中でチームを引っ張ってくれています。
上野も岡ちゃんの下で見事に進化を成し遂げ、
チームにとって不可欠な存在に返り咲きましたね。

功治がチームで生き残るためには
俊輔が加入した後は、俊輔との連携が肝になってくるんでしょうけれど
今は、
若手の台頭をはねのけて
チームになくてはならない存在感を発揮するべき時が来ているのだと思います。
さらにもう一皮剥けて、その力を見せつけてくれ。
チームにとってなくてはならない存在だということを
監督に、フロントにガツン!と分からせてやって欲しいです。

そうすれば自然と代表入りもついてくるんじゃないでしょうか。
(ホントは代表に行ってマリノスの試合を欠席してもらいたくないですが・・・)
まずは試合で存在感を示すべき。

今年が」勝負の年です。


浩吉さん。
救世主は功治だろ。
このタイミングしかないでしょ。
不遇の、力ある、スター選手に
再び光をあてて
爆発させるタイミングは。


物凄くやってくれそう。
大爆発しそう。
そんな気しない?
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-08 08:20 | マリノス見聞録 | Comments(2)

山瀬功治選手がブログを更新しない件 その他もろもろ

気になります。
とっても気になります。

前節は出番さえありませんでした。


「実は、今年から午前中の「軽いジョギング」を試そうと思っている。
今年のキャンプから午後に試合がある時など、
午前中に軽く走って試合に臨むと、思いの外体が動く感覚があったので、」


という記事を書いた3/25のナビスコ初戦の日に、
スタメンから外されて以来、記事が更新されておりません。

きっといろんなこと考えちゃっているんだと思います。
まじめな功治選手がなにかとんでもないこと思いつめているんじゃなかろうか、と
おじさん、怖いです。


ところで、話は少し変わりますが、
そもそも功治が先発から外れているのは
若手を試合に起用しながら育てる
チーム方針の弊害だと思っているのですが
どうでしょうか。

その、「育成型クラブ」の話ですけど、
今年、そういう意味では大きな方向転換を図った我がチームですが
若手を積極的に起用して成長を促し、
成長したところで他チームに移籍させて移籍金を稼ぎ、
その移籍金を、若手育成費(もしくは借金返済!)に回して・・・
どんどんそれを循環していく、という事業スキームは
来年度から実施される予定と聞いています「移籍金撤廃」の動きによって
事業スキーム自体、成り立たなくなる可能性も秘めていると思うのですが。

 まさか若手になるほど長期契約を結ぶ、ってわけにもいかないでしょうし。
 成長するかどうかわかんないもんね。。。
 このままでは「育成損」チーム?
 移籍金撤廃になった時点で、J1の育成型チームはJ2に降格して小さな経営を、
 高額の契約金が出せる資金があるチームだけがJ1で、
 という流れになるんじゃないかなぁ。
 うちは練習場に支払った借金を返すためには小さな経営では成り立たない訳だし。
 練習場を日産以外の誰かに安く買ってもらわない限り。



そう考えると今年はじめにたてた
育成型クラブの方針に沿った
先発選手の起用方針を
このまま続けていてもいいのかなぁ。



こないだうちの奥さんと
ウチが優勝してた時ってメンバーも凄かったよね、って話をしました。

だって、
FWに久保、ジョンファンかマルキーいたんだよ。
当時日韓のエース、もしくは現得点王だぜ。
そんで、左にはドゥトラ、真ん中に俊輔か奥だよ!
波戸だって、ユッキーだって今の右サイドと比べてどうよ。
さらには遠藤や上野もいたわけだし
さらさらにはサンチョル兄さんがいたりして、
後ろには直樹、佑二も・・・

そりゃ強いよね、って。

・・・そんだけ。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-04-07 15:22 | マリノス見聞録 | Comments(3)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite