ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

天皇杯準決勝vsG大阪

延長戦ラスト3分。

河合清水が退場して
山瀬が痛めていた踵を削られて
実質9人になった戦いからは
正直、0-0で延長を乗り切って、PKで勝つしか勝機は無いものと思っていました。

ガンバの得点の時の波状攻撃は
3,4人がペナルティエリアに向かって
直線的ではなく、
それぞれ有機的に斜めに切り裂く動きをしていて
それはそれは美しい攻撃でした。

くやしいけど。
あの時間帯にあの攻撃が出来る、ということは
チーム力の差だと思います。

選手挨拶の際に
誰かが「この悔しさを忘れるな!」と叫んでいましが
全くその通りだと思います。

いつかあの場所へ、
それに相応しい実力を備えるために
このチーム力の差を思い知らされたということを
今日の敗戦を無駄にしないよう、前向きに捉えたいと思います。

(ps.退場したのは清水でしたね。)
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-30 00:01 | 観戦記 | Comments(0)

「顔面戦士」小村徳男 引退

元日本代表DF小村が今季限りで引退(日刊)

最後にオムさんのプレーを見たのは
忘れもしない3月のほうの横浜ダービーで
オムさんがマリノスDfを背負って競り勝ったボールを早川に決められましたね。

あんときは今畜生!と、とても悔しかったのですが
後で冷静になって試合を振り返ると
やっぱオムさん、さすがだな、と思いましたっけ。

屈強で我武者羅なプレーと
マリノス時代に貼られていた「顔面戦士 小村徳男」の弾幕が好きでした。
何はともわれ、オムさんお疲れ様でした。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-24 17:14 | マリノス見聞録 | Comments(0)

WBCフライ級タイトルマッチ 内藤大助vs山口真吾

34歳の体に鞭打って
自分を追い込むだけ追い込んだという
内藤の進化に目を見張った前半のラウンド。
体の切れ、パンチの重さが
素人目にも以前の内藤との違いは明らかでした。
後半のラウンドでポイントで上回っても
決して逃げずに
正面から挑戦者に立ち向かった闘志。
あの普段は飄々とした立ち振る舞いの印象が強い内藤の
どこに、この残虐なまでの闘魂が隠されていたのか。
内藤の根っこのところで持つ本能がなせる業なのか。
これがボクサーの性なのか。

震えが来ました。


それと共に、
打たれても、打たれてもパンチを繰り出し、
一度倒されても立ち上がり
レフリーに止められるまで
王者に挑み続け、
最後は目が泳ぐほど殴られても
マットに沈むことはなかった挑戦者に
おじさん、涙腺がノックアウト。

久しぶりに魂のこもった
熱いボクシングを見ました。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-24 08:21 | 日々見聞録 | Comments(0)

サンリオピューロランドに行く

私の人生の中で
サンリオピューロランドにキティちゃんに会いに行くことは
無いと思っていました。
子供が生まれるまでは。

やー、しかし。
男親には酷な施設ですな。
あ、でも
トランポリンの演技にはビックリしました。

鮫肌兄弟恐るべし。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-22 23:20 | 子育て | Comments(0)

天皇杯QF vs サガン鳥栖(3-1)

「サガントス」の「ガ」にアクセントで正しいのか、
すごい気になった中継でした。

庭の大掃除を夢中になってやっていたら
後半20分過ぎてました・・・orz

何とか勝ちを収めた、って感じの試合でしたが
まあ、今回は勝つことが大事。
こういう試合内容でも勝ちあがることが大事、
という見方をすることにした。
うん、そうしよう。

SFは河合が出場停止だし、小椋も微妙ですが
でもDFは田中裕もいるし、アーリアもいるし。


SFのチケット買いにいこ。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-21 07:12 | 観戦記 | Comments(0)

今日のエルゴラ 浩吉さん語録

Voice 「木村浩吉監督 (横浜FM)」

どの選手も状態はいい
死角があるとすればオレだけ



そうだね。(笑)

でも、なんか今年は獲れそうな気がするのは
僕だけでしょうか。

まずは明日!


PS.
昨日のは、あれ、コロコロじゃないよね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-19 08:29 | マリノス見聞録 | Comments(0)

クラブW杯 マンチェスターU vs コロコロ

さて、今日のクラブワールドカップ。
開会式での安田のパフォーマンス以外の見所は、
なんといっても
ファンデルサールvs遠藤のコロコロ
でしょうか。

遠藤のコロコロ世界でビューの舞台が
マンU相手に、しかもファンデルサール相手に実現するなんて。
生きててよかった!

日本人が見ても100%むかつくコロコロ。
きっと誇り高いマンUの方たちは
コロコロを屈辱的行為と勘違いしそうです!
殴られないようにホント注意が必要ですが
ファンデルサールのパンチをギリギリまで見切って
逆側によけるくらいの技は
ガチャさんには朝飯前なので大丈夫だと思います。


最後に、
くれぐれも審判団の人たちには
そのへん、ちゃんと空気読んでPK取るように。
今日の試合のポイントはそこだな。

なんかワクワクしてきました!


PS.
やー、審判GJ!

しかしガンバは良くやったな。
マンU相手に羨ましいったらありゃしません。

コレ見てマリノスの選手たちも週末の試合に気合入ったと思う。
天皇杯獲りたいね!
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-18 17:37 | 日々見聞録 | Comments(0)

生き残れるか、ジュビロ。

1-1で第1戦を折り返し、
第2戦は0-0でもジュビロ残留、という状況にありますので
シーズンで「ノーリスク」を目標に掲げて戦ってきた
ジュビロが有利との見方もありますが
最初からスコアレスドロー狙いだと
絶対やられる気がします。

仙台に先制点を取られた場合、
引き分け狙いから点を獲りに行く布陣に切り換えて
それで間に合うのか。
それとも、最初から
シーズンの戦い方は捨てて
点を獲りに行く戦いがこの場面で果たして出来るのか。
考えなければいけない戦略が多すぎる気がします。

一方の仙台は
もう点を獲りに行くしかない、という
目標が統一された分戦いやすいのでは。

むしろジュビロのほうが難しい戦いを強いられる
第1戦の結果ではなかったのか、とも。


第2戦も1-1。
延長戦はスコアレス。
PK突入。
仙台5人目のキッカーに対して、川口に神、降臨。
最後のキッカーは名波。
ゴール隅にコロコロ!
というシーンを期待しています。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-13 10:33 | 日々見聞録 | Comments(0)

気になる他会場

長友に決められて、ジェフの0-2となった時点で
正直自動降格枠はジェフに決まりだと思いました。
後半怒涛の逆転4得点。
君達は凄い。
奇跡を本当に起こしたジェフ。
フロント、監督、選手、サポーターがひとつの方向を向いて
開幕時、チーム解散の危機からココまで来たジェフの強さを感じました。

一方の東京V。
残留のかかった最終節前に
土肥、福西、服部等、今年獲得した選手を含む大量0円提示を行ったり
以前にも選手獲得に絡んで監督とフロントの確執が伝えられたりと
現場とフロントとの歯車がかみ合わないまま
またJ2に逆戻りすることになりました。
このチームは本当の意味で1からのやり直しが急務だと思います。
来シーズンを始める前に、
サポーター、選手、監督、フロント、
もう一度同じ方向を向いて行けるよう、
トコトン話し合ってからリスタートしないことには
ヴェルディに未来は無いのではないのでしょうか。

そして磐田。
仙台との入れ替え戦に望むことになりましたが
川口、中山、名波、西、といったベテラン勢や
駒野、太田、茶野、村井、ジウシーニョ、前田、といった実力派、
成岡、上田らの若手と
傍目に見ると結構戦力が整っているチームだけに
個人的には入れ替え戦も問題ないと思いますが
どうでしょう。

僕は牛タンよりウナギの方が好きなので
残留に一票。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-08 05:20 | 日々見聞録 | Comments(3)

Jリーグ第34節vs浦和レッズ(6-1) プププッ。6-1って何だよ。

いかん!どうしてもにやけてしまうっ!

事情により家での観戦だったので
千葉と読売と磐田の試合を回し見してたら
2発目の小宮山のゴールと
2発目の河合のゴールと
大島のゴール

を見逃しちまった!

ってか、そんな入るか?普通!

油断しないで天皇杯頑張ろう!

あんまり嬉しくて表現が行き過ぎました。一部訂正。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-12-06 18:26 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite