ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:観戦記( 226 )

Jリーグ第6節vsジュビロ磐田(0-1)

観戦してません。
出来ません。
フラストレーションが溜まります。

連戦お疲れ様でした。という内容だった模様。
1週間休んで、いいときの流れを取り戻して欲しいものです。


来週は日曜開催なので、おっ!これはひょっとしてNHKの中継・・・

・・・ないのね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-04-15 06:42 | 観戦記 | Comments(0)

ナビスコ第1節vs大宮(0-1) また0点で敗退。で、思うこと。

観てないのでゲームのことはなんとも言えませんが、
我がチームが危機的状況にあることははっきりしています。

開幕山瀬のファインゴールで勝利を得て以来
3連敗。

でも、
・ゴールゲッターの獲得に失敗した今年は得点が獲れないのはあたりまえ。
・チームの若返りを行う上で、一時的なチーム力低下はあたりまえ。
だったはずなんです。

でも、若返りを図る上で一時的なチーム力の低下を許容しつつ、
個の力でなんとか持ちこたえるためにはゴールゲッターが必要だったわけで、
若返りとゴールゲッターの欠如とが、
一度に来ちゃっているところに大きな問題があったと思います。

なので、
・シーズン途中でもゴールゲッターの獲得を諦めてほしくない。
・一時的なチーム力の低下は仕方ないけれど、
 その間、チームは確固たる正しい方向に向かって走っていて欲しい。
・そして、負け続けようともそれが正しい方向性ならば、継続して欲しい。

とは思います。


で、早野監督はチームを正しい方向に導いてくれているのか、
となると
・松田のボランチ起用
・マルクス
・栗原の右サイド、那須の左サイド
などなどの起用方法を思うと
彼が継続性のあるチームとしての進むべき方向を示しているのか、と思うと


自信ありません。

意外と早いかも。早野更迭。
(スカイラインは返却して貰おう。)
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-03-21 18:47 | 観戦記 | Comments(0)

Jリーグ第3節vs神戸(1-4) なんすか、それ。

育児のため今日もネット観戦。


見てないけど。

まだ暗中模索のチームを上昇気流にのせるために、
また、全員で同じ方向を向かって走るために、
序盤に対戦する下位チームには確実に勝ち点を稼いで、
その間にチーム戦術や方向性をできるだけ早く固めていくことが必要だと思っていた。
だが、ふたを開けてみると開幕3連勝のはずが、1勝2敗。
さらにチームは更に混乱するばかり。

がっくし。

どうなる。マリノス。
どうする。マリノス。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-03-17 19:17 | 観戦記 | Comments(0)

Jリーグ第2節vs横浜FC(0-1)

TVも見れなかったのでなんとも言えんが、
データで言ってもシュート数の差
前半 5 - 4
後半11 - 1
から考えても、試合は多分マリノスのペースだったんだろう。

でも負けは負け。

まあ、助っ人FW獲得できなかったときから
こういう戦いは分かっていたことだから。
しばらく我慢のとき。

これだけ打って1点も入れられないチーム力ということを
冷静に思い知らされましたね。

格の違いを思い知らせるつもりが
こんなチーム力ということを思い知ったと。
がっくし。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-03-10 23:15 | 観戦記 | Comments(0)

Jリーグ第一節vsヴァンフォーレ甲府(1-0)

諸事情でラジオ観戦。

なんだかわかんないうちに山瀬のゴール!
なんだかわかんないけど師匠レッド退場!

アーリアはどうだったんだろう。
3トップは機能したんだろうか。
守備はどうだったんだろう。

完成された戦術を貫き通す甲府に対して
個々の選手の地力では勝るもののゲームの形に不安を抱えたままの横浜。
ある程度の点の取り合いを予想していましたが
予想に反して1点を守り切った試合だったようです。が。

見てないのでなんとも・・・
録画やんないかな。


横浜FCは惜しかったね。
しかしあんな久保のスーパーシュートは初めて見たかも。
相変わらずボールを競れないけど怖さを見たな。
次節が楽しみ。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-03-03 18:01 | 観戦記 | Comments(0)

全国高校サッカー・決勝「盛岡商×作陽」 (2-1)

ひたむきに走り続ける盛岡商に自然と目が離せなくなった。

1点先制されて得たPKを外してしまった
盛岡商2年生の11番クンが、その後同点ゴール!
サッカーの神はこの時から盛岡商に微笑み始めていたのかもしれません。

一方の作陽は
後半、手負いのエース村井が投入されたものの、
一度、バーをたたく素晴らしいシュートがありましたが
それ以外は盛岡商の勢いに、殆どチャンスを作れませんでした。
村井の姿に久保の背中が重なりました。

諦めずに走る姿勢がテクニックを上回った。
そんな結果のような気がします。

盛岡商のみなさんおめでとうございます。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-01-08 17:03 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite