ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第18節vs鹿島(0-2) かなりの重症。

今、トップを争うチームと
残留争いに巻き込まれているチームとの
チーム力がそのまま出た試合だったと思います。

間違いなく今のマリノスは弱い。
その現実を突きつけられ、
今日の負けは少しダメージが深いです。

ボールを奪ってからペナルティーエリアまでのスピードが遅い、
ということは、今年桑原さんが監督になってから
いつも思っていましたが
さらに今日、スタジアムで観ていて感じたのは
ゴール前でのアイデアの無さ、
オフザボールの動きの少なさ、動きの質の単純さ・幼稚さ。
単純な攻撃はことごとく鹿島の仕掛けたわなに捕らえられ
ボールはむなしく弾き返され続けました。
逆に
後ろからどんどん人が追い越してきて
相手の嫌なトコ、嫌なトコに誰かが顔を出し
フェイクを交えて労をいとわず質の高い動きでDFを翻弄する、
鹿島の攻撃と比較することで
マリノスの抱える問題の根深さが
より浮き彫りにされた気がします。

かなり重症だと感じました。
このチームを立て直すのは
かなり大変だと思います。
まず、選手の意識から叩きなおさないと難しいんじゃないかなぁ。
根底からチームを激変させるようなスペシャリストを監督・コーチとして招いたとしても、
ちょっと時間がかかると思いますけど。

浩吉さんでこのままいくんだろうか。
なんか背筋が薄ら寒くなってきました。

一時はあんなに鉄壁だと思っていた
松田、中澤のDFも
今日はダニーロとマルキーにいいようにやられたのも
ショックでかい。


あー。ショックでかすぎて
ネガティブーでスイマセン。
明日から前向きでいこう。前向きで行きたい。

[PR]
by hama_kenbunroku | 2008-07-20 23:50 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite