ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第32節vsジェフ千葉(3-2) 

いい試合でした。

攻撃ではこれまでいいところはあっても得点に繋がらなかったのが嘘のように、
10人になってからも積極性や連動性を失わず、見事な試合展開を見せました。

1点目のセットプレーの狩野のキックの精度。
中澤の、足というよりは魂で入れたシュート。(笑)
2点目、昨日も抜群の出来だった清水の快走。
そして3点目、本人もサポも待ちに待ったであろう
「こういうプレーが欲しかった」という隼磨の積極性。

ホントに見事でした。
ジェフが攻めて来てくれるチームだから余計にはまりました。
(リードされた時にガッチリ守りにこられるチームだったらどうだったか、は分かりませんが。
 この点では相手がジェフでしかも相手ホームだったので守られることも無くラッキーでした。)

守備も今日の出来なら合格点だと思います。
強いときの粘り強いリズムが戻ってきた感さえありました。
ジェフ後方からのロングフィードに対してはほぼ完全にシャットアウトできてましたね。
失点が2回ありましたが、
勇蔵のは事故だし(出場停止は二試合?)、
2点めはレイナウドのキラーパスと
羽生の信じられないスピード、そこから上げたクロスの信じられない精度など
いっぺんにすばらしいプレーが重なった結果なので相手を誉めるしかないでしょう。
(しかし、あのレイナウドから羽生へのパスは絶対追いつけないと思った。
 ミスキック、と思ったら、羽生が飛ぶように抜け出てきて追いつきやがった。
 しかもそこからドンピシャクロス・・・
 レイナウドが羽生なら追いつけると思ってわざとあんなパスを出していたとしたら
 本当に恐ろしい・・・)

何しろリーグ勝利は久しぶりですし、
試合展開も逆転また逆転で、フクアリに行けた方々が羨ましい!

この調子であとJ2試合と天皇杯。
頼みます。

次節、いよいよホーム最終戦。
最後盛り上げましょう。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-11-19 12:55 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite