ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

アジアカップ準決勝vsサウジアラビア(2-3) 「まあ、CBが中澤と松田だったら止められたな。」(だめ?)

あの、サウジのアジア離れしたFWに対峙させるには
中澤と「阿部」のCBでは役不足だったかな。
見事にやられた。さらにサウジは日本の闘い方をよく研究していたし。
完敗。

オシムのサッカーはリスクを負ったサッカー。
攻撃面では
相手にチェックされる前に少ない手数でパスをまわして翻弄するために
中盤に人数をかけてかつ走る。
サイドからセンタリングをあげて高原や巻にボールを入れてフィニッシュ、
もしくは中盤の選手が飛び込んでフィニッシュ。
というものを目指しているわけだから、
一方の守備面では、人数をできるだけ攻撃に回しているが故に
必ず迎えるであろう何度かの危ない場面では
CBの個人の能力で跳ね返さざるを得ない展開もあるのは承知の上。

だからこそ中澤とタッグを組むCBは
何でもできるユーティリティープレーヤーである阿部ではなくて
中澤がストッパーで前に行ったとき、万が一抜かれた場合でも
しっかりフォローして刈り取れる専門職が必要だったような気がする。
やっぱ松田だろ。
中澤と松田の二枚看板だったら止められたよ
・・・と普通に思うマリサポ的思考。うん、普通に思っちゃう。
まあ、闘莉王でも松田の代わりはできると思うけどね。
→ほっほっほっほっほっほ。

しかしサウジは強かった。しかもよく研究されていた。
今日のようにがっちり守られた上に中盤での早くて強いチェックをうけると
中盤が機能しなくなって日本の良さが出にくくなるし
その上、中途半端な場所でボールを失うと
卓越したFWが容赦なく縦に切り込んでくるから始末が悪い。
だから余計に中盤は安全策を取らざるを得なくなって後ろでボールをまわす場面が増えて
攻めるスピートが一向に上がらない、という負のループ。

日本に足りなかったのは
そんな状況を打開する力を持ち、勇気を持って縦に切り込んでいくことのできるドリブラー
いいのいますよ~。
山瀬。・・・と思うマリサポ的思考。。。
今日のメンバーだったら太田とか。

あと、ゴール前を固められる前に強烈なミドルを打てればよかった。
俊輔も試合前にはミドル、って言ってたのに一本も打てなかったし
遠藤はそういうタイプじゃないし
中村憲がもっと前に飛び込んで打てればなぁ。
中村憲が打てないなら水野との交代もありだったかも。

韓国戦は、相手の中盤の激しいチェック、FWの得点力、と言う意味では
今日と同じような展開も予想され、厳しい戦いが予想される。
3位になれば来年のアジアカップ予選免除、ということだから
メンバー変えてしっかりと反省と対策が必要です。
坪井、水野、太田、あたり見たいな。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-07-26 08:16 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite