ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

アジアカップvsオーストラリア(1-1 PK4-3) 中澤だけが分かっていた。

延長戦で決めなければならない試合だった。

後半30分を過ぎて高原に肘打ちをしたオーストラリアの選手が退場。
これでオーストラリアは10人に。
かつ、延長戦に入る前にオーストラリアは3人の交代枠を全て使い果たしたのに対し、
オシムは、冷静に相手の状況を見極めて延長戦を見据えた采配。
交代枠を2つ残したまま延長戦に入った。
これ、よく残したよなぁ。勇気ある采配だった。
交代が後手後手に回って負けたW杯の影が一瞬頭をよぎったよ。
オシムは流石だ。
W杯の影を引きずっていたのはオーストラリアの監督の方だったかもしれない。


オーストラリアはタダでさえハノイの熱気にやられていた上に
10名になって防戦一方。
相手DFも足を攣って動けない。
明らかに日本に有利な状況のまま延長戦に入ったわけで、
オーストラリアとしては、なんとかPKに持ち込むことでしか勝機を見出せなかったはずだ。

だから逆に、日本は延長戦で決めなければいけなかった。
有利な状況の中で試合を決めてしまわなければ
あとに残されたPKは「運」でしかないのだから。

しかし。
ガッチリ守るしかなかったオーストラリアの守備は堅い。
と、いうより
中村憲に代わって矢野、
巻に代わって佐藤が投入され、
矢野、佐藤、高原のFW3人が前線に張り付いてしまい、
ボランチがボールを持った際に誰もボールをとりに来てくれない。

巻の代わりに水を運んでくれる選手がいなくなってしまったからかもしれない。
前線とハーフラインの間に広大なエリアが空いてしまい、
なかなか前線にボールを運ぶことが出来ない。
後ろでボールを回している沈着状態が続いて
むなしく時間だけが過ぎていく。
勝負を仕掛けないといけない時間帯に
ただ相手にボールを奪われるリスクを恐れて
後ろでボールを回すだけ。なんという愚かな戦略。
見ていて本当にイライラした。

中澤だけが分かっていた。
スルスルっと前線に飛び込んでいって
『PKに入る前に延長で決めるぞ!』  『勝負はココだぞ!』っていうメッセージを
一人で発信し続けた。
さすが中澤。経験値と判断能力が昨日今日代表に入ってきたペーペーとは訳が違う。
スバラシイ。プライドオブヨコハマ。ナカザワ。

PKの最後のキッカーとなった中澤が
そんな試合にやっと決着をつけてくれたけれど
その結果は運でしかない。

ホントに良かった。勝てて。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-07-21 23:33 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite