ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第18節vs大分トリニータ(3-0) セットプレー!

スカパー観戦。
ピッチレポートの中願寺香織さんの一口メモ的な選手の裏話を
中村アナは右から左へ受け流す
仲良くね。



さて、
とにかく点が取れなかった前半戦が前節で終わり
今節からは後半戦なわけで。

相手スタメン。
梅崎がいなくて
高松も西川も根本も山崎もサブ。
不勉強につき誰も知らない布陣だった大分。
失礼ながらJ2の試合を観ている感覚です。

その大分の序盤の戦い方は
マリノスの前線からのプレスを無力化させるロングボール。
マリノスのMFがロングボールに慣れ、下がり目になってきたところで
すかさずパスを回して攻める。
マリノスの攻撃に対しては素早く自陣に戻って
ハーフラインを超えた辺りで、2人で囲む鬼プレス。
・・・っていうものだったように思えます。
大分の狙いの通りか、セットプレーで河合が決めるまでは一進一退でした。

「マリノスの戦い方を研究してきた。ロングボールで来られた」
って。
研究も何も、ほぼ全チームそういった戦い方してきてますから。
これからそう簡単には前線からのプレッシングはやらせてもらえない。
で、セットプレーが重要になってくる訳です。
でも振り返ると
前半戦セットプレーによる得点が「0」のマリノス。(功治の直接ゴール以外)

プレッシングをやらせてもらえない、
ボールを奪っても隼磨のセンタリングが・・・
FWには助っ人外国人並みの得点力は望めない。
・・・となると、
これからはセットプレーで得点して自慢のDF陣で守りきる選択肢が
現実的な場面が増えてくるかもしれない。
そういった意味では、
この後半戦の第1戦でセットプレーによって2得点できた意義は大きいと思う。


いいぞいいぞー。
プレッシングサッカーも躍動感があって面白いけど、
その戦い方個人的には凄く好みです。(昔のマリノスの戦い方だけど。)
ロスタイム。
相手チームの猛攻を跳ね返し続けて迎える、しびれるような時間帯。すきだなぁ。



哲也の神力
河合の危機察知能力、攻撃力
山瀬の視界の広さ、ゴール前での落ち着き
大島のDFを背負ったときの強さ、ポストの正確さ
吉田の「なんでお前こんないい所にいるの」能力
中澤の鉄壁の守備
それに
「松田の気迫」が加わって、

なんかイケイケ?
マリノス強い?

気持ちが浮ついていくのを抑えきれません。
いかんいかん。

きょうは良かった。
哲也は中願寺レポによると
8時間治療を2日続けてなんとかいけそうだ、ということだし、
シャムスカを激怒させていないか心配な栗原のFWは見れたし
山崎は元気で頑張ってたし。

ビールで乾杯。

[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-07-01 08:08 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite