ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第16節vsガンバ大阪(0-0) 無失点

早く帰ったのでスカパー観戦。
娘を膝に乗せてチャントを口ずさむ。
こうやってスリコミスリコミ、教育していくのだ。

さて、試合。
ガンバのうまさばかり目に付いてしまう。
どうもガンバの選手たちは楽々とプレーしているようにしか見えない。
無駄な動きがなく、パスを出したい、と思うところに適格に人が動いているせいなのか?
そういえばガンバとの対戦のときは、
いつも見ているうちに、我がチームと基本的な技術の差がある気がしてきてしまって悲しくなる。

ポゼッションでガンバがマリノスを上回り、面白いほどパスが回っていく。
いつ決定的な場面を作られるのかドキドキする時間が多かったし、
実際決定的な場面が何度もあって、たまたまミスに助けられた感が強い。
マリノスが押し込んだ時間帯も随分あったけれど、
残念ながら攻撃シーンではあまり得点の匂いがしなかった。

でも、あのガンバを無失点
パチパチパチパチ

中澤の守備が完璧すぎて、松田の小さなミスが目立ってしまうんだけど、
本当によく抑えてたと思う。
彼の気迫が画面を通してもビシビシ伝わってくる。
やっぱり、こういう緊迫した場面には
チームにとって松田の気迫が必要だと思った。

相手のミスに助けられた形のドローなので内容は手放しで喜べないけれど
首位チームにドロー。
松田劇場も堪能した。
まあ、満足。

マイクは「自分の持ち味はだせた」とか中途半端な満足感を味わってないで
ガンバの山口のコメント

「吉田さんはさばける選手だし、彼にボールが納まって、
 ドリブルで来られたときは対応しづらかった。
 ハーフナーも高さはあったけど、中の人数は足りていたし、
 ある程度自分たちの視野のなかで対応できた」


を肝に銘じて精進してし欲しい。やりやすかったってさ。

[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-06-21 12:37 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite