ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第14節vsジェフ千葉(1-0)やっぱコミーいいなぁ。

後半の得点シーン。

左サイドでジェフ水本と対峙した我らがコミー。
一度ダッシュのフェイントをかけた時に生じた水本を体の重心の戻りを利用して
すぐさま同じ方向にスピードあげることで、水本を振り切って上げたセンタリングに

                       巧。

しかし、そこにきちんと走りこんでいた吉田も巧。
今日はプレッシングにシュートに奮迅の働きだった吉田。
体が切れていただけに些細なプレーに対する厳しいイエローで累積退場となったのは残念。

10人になってからは防戦一方。
河合がジェフの攻撃の芽を摘み、
中澤が巨大な壁となってジェフの前に立ちふさがり、
1点を守りきったけれど冷や汗ものでした。

80分に大島に変えて上野。上野??
「腰の引けた試合だけはしたくない」気持ちは、
今も魂の片隅にしっかりと温めているつもりなので、
こういう采配はワタシャー不満です。

坂田に変えて斎藤。
守るの?攻めるの?と少し混乱。
どうせ守りに入るんなら、ストヤノフを何とかして欲しかったよなぁ。
早野のコメントでは坂田がストヤノフを抑えられなくなったので、
しっかり斎藤にマークするように指示したとの事でしたが。。。
どフリーでしたね。

黒部のラストプレーは、ワタシの目にはオフサイドには見えませんでした。
TVに向かって「ラストプレーだぞ!」「ボールを切れ!」「ラストだぞ!」と叫んでいましたが
どフリーのストヤノフに絶妙なセンタリングを上げられ。
黒部に見事なシュートを決められ。
一瞬死にました。


(試合後早野監督コメント)
やはり本職ではない那須よりは小宮山の左サイドの方がチャンスが多いと予想していたから、決勝ゴールは狙いどおりではある。小宮山が、意図的にもっとあの形をつくっていってほしい。
えっ!分かってたの?早野。

そうか。じゃ隼磨の出場停止があけたら
右が隼磨、左が小宮山で
いいんですよね。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-06-10 07:49 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite