ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第9節vs川崎フロンターレ(2-1) 宿敵相手についに掴んだ勝利!

やったーやったー
勝った勝った!
やったーやったー
勝った勝った!

いやー最高!
いやー嬉しい!

久しぶりのTV生中継。
スタジアムに行けてないので、早野マリノスをじっくりみれたのは始めてかも。
所用で録画観戦でしたが、堪能しました。


先シーズン。
3バックの間でボールを回しているうちに相手DFが揃ってしまい
ボールの出し所が無くボランチからまたDFにバックパス。
前線はますます孤立化し、頼みの綱は山瀬兄の個人技のみ。

そんなマリノスとは全く違うチームになっていた。
中盤での積極的なプレスでボールを奪い、素早い攻守の切り替えから
前線の裏へボールを通す明確な意思を共通化させた
驚くべき変貌を遂げた早野マリノス。


俺達は強い。

ゲームを見ながらそんな言葉が頭に浮かんだ。
この感覚、いつ以来だろう。
2連覇の後、岡田監督に任せていればもう怖いものなんか無い。
そう勘違いしたあの頃以来か。

でも。
この強さはどうやら勘違いではないらしい。

オオシのオオシらしいヘッドによる得点は本当に嬉しかった。
これぞ早野マリノスの真骨頂、ともいえる泥臭いゴール。
その詰めが無為に終わったとしても
いつかきっとチャンスは回ってくる、そう信じて詰める。走る。ボールを追いかける。
そんなオオシにサッカーの神様がご褒美をくれた、そんなゴールだった。

DF3人に囲まれるも、3人ともまとめて置いてけぼりにして打った山瀬兄のシュート。
少し遠めの場所から小宮山が放った思い切りのいいシュート。
どちらも勢いのある、素晴らしいシュートだった。

そして山瀬兄のFKからの直接ゴール。
もうこれ以上無い、ってところに突き刺さったシュート。
ありゃ取れんわ。
山瀬兄が蹴る前に、わざわざ中澤が近寄って耳打ちしたのは
中澤にDFをひきつけるかなにかの作戦で、
ボールを要求しているふりを見せておいて、本当は「直接狙っちゃえ」と囁いたと見た。


2点取って、マギヌンに1点返された後も
マリノスのサッカーをやりきって勝った。
最後まで攻め続けたことが、この勝利をさらに価値あるものにしていると思う。
(斎藤の投入は10分遅い気もしましたが・・)


さて。
今週末の「Kick Off F・Marinos」。
エンディングで正治さんには是非
「ファイト!川崎フロンターレ」ご覧の皆さん!
どうも勝ち点ありがとう!

とのたまって欲しいね!

いつかの仕返しにね。ぷっ。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2007-05-04 16:04 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite