ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

サッカー人として 三浦和良 「責任を取るということ」

本日の日経に掲載されていた「サッカー人として」。
カズの想いが直接心に伝わってくる
素晴らしい記事でした。
やっぱりカズはすごい。
カッコいいね。

-----------------------------------------

フットサル界を発展させるために君が必要だ―。
強い要請を受け、フットサル日本代表候補に加わることを決めた。サッカー界全体のことを考えた。自分がやれることを協力する。それ以上でもそれ以下でもなく、決めた道を僕は貫く。
J1昇格のかかる大事な時期に横浜FCが「行っていいよ」と手放すことは、カズは要らないと言われたのと一緒じゃないか。否定的な見方もあることは分かっている。「いま離れられると痛い」という山口素弘監督の考えも知っている。僕もクラブも監督も協会も、現場はプラス面もマイナス面も重々承知している。そのうえで悩みながら決断を下していくんだ。
人がやったことのないことをやるのは苦労するよ。でも誰かが新しい道を作り、誰かがその道に続く。道が壊れれば、また誰かが作り直す。この過程を通らなければサッカー日本代表だって現在の姿も発展もなかっただろうから。
自分はサッカー選手だから横浜FCを最優先する。フットサル合宿初日も集合前に横浜FCで練習してきた。佳境のJ2リーグ戦出場に標準を合わせて調整している。かつ、時間の許す限りフットサルに加わりたい。ワールドカップ(W杯)のため、勉強のため、出られるものは両方出たい。
まあ、大変だね。でも決断したのは自分。自分が好きでやっていることだから、自分で責任を取るよ。では責任って何だろう。結果が出なければ「すみません」と謝ること?「もうフットサルはやりません」と辞める?違うはず。全力を尽くすことが責任を取ることと僕は思う。勝っても負けてもそれをやる。
自分で行きたいと言ってブラジルへ渡った。イタリア挑戦もシドニーFCへの短期間の移籍も、全部自分で決めた。人生は自分の選択。だから成功や失敗はあってもそこに悔いはない。
目に見えた数字で表れなくても、時を隔ててから、「あの選択があったから」を思えることもある。僕にしかできないことなのなら覚悟を決めて勝負する。もし日本でプレーする場がなくなれば、世界中のどこまででもプレーできる場所へ行くつもりでやっているわけだからね。フットサルもやると決めたら責任を果たす。誰が何と言おうと。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2012-09-28 08:28 | 日々見聞録 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite