ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第24節vs仙台(0-1) もったいないオバケが出てくるよ!

家庭の事情でDVD観戦。

見事な仙台の粘り強い守備とカウンター。
格上のマリノスに対して仙台はプランどおりの戦い方でした。
6本のシュートで1点とオフサイドの2Goal。
個人的には仙台の闘いは決してつまらないものには見えませんでしたよ。
頑張り抜いた仙台の選手達には敬意を感じました。

栗原を上げて、若いFWも投入して、
やることはやっているんだけど
マリノスには何が足りなかったんだろう。
皆、間違いなくこの試合の重要性は分かっていたはずですし
たしかに選手は必死で戦ってくれました。
木村監督は、インタビューで「強引さが足りなかった」と言っていましたが
強引さというか、もしくはしたたかさと言った方がいいのか。
こういう試合展開で、特に後半戦の開始直後とか
栗原を上げた時間帯とか
もっとやりきる感あってもいいんじゃないかと思いました。

仙台の方がやりきった感、よく見えてましたね。


しかし、赤嶺はFC東京にいるときも嫌なプレーヤーでしたが
益々嫌なオーラが出てましたね。
でも、FCの時はこれほどフィニッシャー的なイメージありませんでしたが
うまくなったなぁ。
一度確かオファー出したこともあったと思うけど
とても嫌な、結構好きな選手です。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-09-26 22:00 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite