ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

W杯 グループE 日本代表vsデンマーク(3-1)

日本代表 決勝トーナメント進出おめでとう!
e0107641_039820.jpg


日本の属したEグループは、
ブラジル、ポルトガル、コートジボワール、北朝鮮の
Gグループほどではないけれど
オランダとデンマークが順当に行けば勝ち上がり、
ひょっとしたらカメルーンにも勝機ありか、
と言われていたグループで、
僕自身も正直、そう思っていました。
良くて0勝2敗1引き分けかな、と。

岡田監督の短期決戦の手腕については
かつてマリノスの監督時代のことを思い出して
「何かやってくれるだろう」「惨敗するだけでは終わらせないだろう」
とは思っていましたが
選手を選んだ後に戦略を変更した際には
ちょっと本当に大丈夫なんだろうか、と心配していました。
戦略を変更したなら、
別の選手選択もあったでしょうし。
田中達とか興梠とか・・・

それが、なんということでしょう。
まさかデンマーク相手に3点とって勝つとは!
恐れ入りました。
さすが勝負師。

本田のシュートは今大会ベストゴールですし
3点目のお膳立ても見事。
遠藤のFKは、まさに狙って入ったシュートでした。

でも僕にとって一番グッと来たのは
試合終了後に佑二と釣男が抱き合ったシーンかな。
4年前にブラジルにけちょんけちょんにやられてから
佑二の中ではW杯にやり残した気持ちが強くあったはずで、
さらに、今回のデンマーク戦では
特に日本のウイークポイントを高さと捉えたデンマークの監督からも
パワープレーで攻めるような発言もありました。
なめんなよ!と。

そんな中、ほぼ完璧にデンマークを押さえた功労者同士の歓喜の抱擁は
グッと来ました。

試合後のインタビューで
4年前のW杯で成し遂げられなかった決勝トーナメント進出を決めました、
と聞かれて
最初から目が充血していた佑二が一瞬
キモチが高まったようで受け答えが珍しく詰まったシーンがありました。

おめでとう。ボンバー。
4年前からの念願ではなくて、
きっと高校からブラジルに渡ったときからの
夢がかなった瞬間だったのだと思います。

一方、俊輔は出場できるストーリーが見えない状況ですが
最後まで諦めない姿勢はビシビシ伝わってきます。
もしもチャンスが巡ってきた時には
このままでは終わらせない意地を是非見せて欲しい。
それだけです。
頑張れ。俊輔。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2010-06-26 00:40 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite