ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第31節vs大分(1-2) 全ての面で負け試合。

戦術も、走力も、キモチの部分も、
何もかも大分が勝っていた試合。
千真のゴールは報われないことが多い気がする。

前半はうちの楔の縦パスをことごとくカットされてカウンター、
というループにはまっていた様な試合展開で
臨機応変な対応ができないウチの悪いところが出てしまいました。

何度も攻められて
悪い空気になってきたなぁ、というところで
フェルナンジーニョに決められる。
さすがにペナエリアで1対1になった時の
上手さはブラジル人ですなぁ。

縦パスも狙われてたし
その前のパス回しも、なんかちっこい奴(大分のユニって、背番号がよく見えん。)に
カットされまくってたなぁ。
よく研究されてました。

そんな時、チームとして閉塞感を打ち破る戦術なり熟度なり
今年の課題はそこなんだろうなぁ、と思いながら
前半だけで2失点。

スタジアムで貰ったハマトラの
文丈と吉田コーチの対談のなかで
「Fマリノスらしいサッカーとは」という問いに
文丈が
「日産自動車時代からのうまさ。うまいって言うのはボールを扱うテクニックだけじゃなくて
駆け引きのうまさや相手の嫌がると事をうまくついたりする様な賢さも出しながら
最後はタイトルを獲るっていうのがFマリノスのサッカーだと思います。」
と、語っていましたが、
そんなもん、いったいどこにあるんだよ、って試合でした。
誰か言ってたけど、チームも監督もなにもかも育成途中。。。
せめて誰か、佑ニとか松田とか河合とか
試合のコンダクターとも言える立場の人間が
やり方を変えよう、とかしないとダメなんでしょうけど。

後半からはサイド攻撃が増えて、
少しずつチャンスが増えましたが
3トップになってからぐんとウチのペースに。

千真が1点決めてくれてチームとしても乗ってきたところで
ホイッスル。
乗ってくるのが遅すぎました。

個人的には清水戦は行けないので
この試合がJホーム最終。
ある意味「今年を象徴するような負け試合」。
千真のゴールと功治の復活を見れたので
良しとしますか。。。
って、良しと出来ねぇ。。。
この試合でJホーム最終とは、
個人的に、こんな最悪なシーズンあったかなぁ。

天皇杯、もう一度キモチ入れ替えて。
川崎(多分川崎なんだろうから)にはもう負ける所を見たくありません。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-11-09 05:40 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite