ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第23節vs柏(1-1) 本当に残念・・・

功治の退場は、ビデオで何回見直しても不当としか言いようが無いジャッジで、
常に全力で、真摯にプレーする功治への冒涜ともいえる不可解な審判には
腹ただしさを拭いきれません。
あの残念な審判に対しては、チームとして功治を擁護する行動を起こしてもらいたいです。


試合内容がいつもと変わらず
やっぱりキッチリ守られた相手には打開策が見つからずに
横パスだらけになってしまう悪癖は治らず。
ボールポゼッションでは上回るも
ネルシーニョになってからは自軍に引いてしっかり守ってカウンターという
分かりやすい戦術が力を発揮しだした柏のペースの試合でした。

アーリアと兵藤が入ってからは
縦への意識が少し出てきたし、
さらに、
ガッチリ守って、裏、速攻、という目的意識がはっきりして
むしろ10人になってからの方が試合的には面白かったかな。

小宮山の個人技、魂のゴールには本当に痺れました。
10人でも、「絶対負けるもんか!」という気迫が感じられたし、
その後の「全員DF」という布陣になっても、そのキモチがチーム全体に伝播して
ホント、10人になってからのサッカーは目が離せませんでした。
1-0で行ける気もしたんだけどなぁ。そんな甘くなかったか。
選手の気迫がとても伝わってきていただけに
本当に残念。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-08-23 05:33 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite