ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第12節vsFC東京(0-1) 迷い

兵藤の新しいチャントはすっごくカッコイイと思います。
歌の終わりの拍手のリズムもタマリマセン。


この時期にしてはナイトゲーム。
機動力を生かした攻撃にはもってこいの気候、だったのに・・・

守備面では
終始東京に攻められまくった印象のゲームでしたが
システム変更に起因する混乱ってことじゃないと思います。
全体的に下がり気味だったし
復帰戦の栗原と中澤の最終ラインは、さすが。最後のところで踏ん張ってくれましたし、
飯倉のスーパーセーブには何度も助けられましたけどね。
奪われた1点も、あれはシュートを褒めるべきですし。

攻撃面で
システム変更後の試合で大崩はしたくない、という心理は当然だし
自然、守備の意識が高くなってしまったのは仕方ないと思いますが
マイボールになってからの攻守の切り替えが一瞬遅くなって、
攻撃時に前線の枚数が足りない時間帯が多かった気がします。
迷っている間、SBの上がりを待っている間に相手の枚数が揃って
シュートまで持っていける回数が極端に少なくなった印象が強いです。


試合終了後。
精根尽き果て、トボトボ歩いて来る選手達を迎えた時、
なんだかやりきれない気分でしたが
少なくともブーイングする気にはなれませんでした。

新しいことにチャレンジすることは大切だし
そのために暫くは試行錯誤が続くのは仕方ないと思いますが
中断期間前のJ公式戦で、これからナビスコもあり、
というタイミングで
いままで築き上げてきたものを全てガラガラポンする時期って
今じゃなきゃだめだったの?という僕は
至って保守的な人間です。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-05-17 08:24 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite