ヨコハマ見聞録

kenbunroku.exblog.jp ブログトップ

Jリーグ第11節vs大分(2-1) 狩野と功治

TV観戦。
いいなぁ、大分。
大分と京都と山形は行きたかったなぁ・・・


兵藤が後ろに残って狩野が前目のポジションに。
狩野が前に出たので功治が後ろへ。

調子が上向いている坂田、功治と両立するために
ボランチに下がった狩野ですが
下がったここ数試合は「らしい」プレーが少なくなって
気のせいか身上としていた激しいチェックも
なんとなく控えめな気が・・・

で、今日は功治が後ろ目。
功治の場合は以前ボランチを勤めていたときに
後ろ目のポジションからどうやって得点に絡むか
試行錯誤していた経験があったからか、
攻撃にもスムーズに絡めていた気がします。

そういった応用力、ポテンシャルの大きさ、など
この二人、
やっぱり功治の方が
一枚も二枚も上なんだなぁ、と試合を見ながら感じておりました。

功治も前目でこそ、活きる選手だとは思いますが
チーム力の最大化を考えると
後ろ目でも活きる功治、前目でこそ活きる狩野、
という選択肢が今は正解なんでしょうね。

そういえば、俊輔がチームに加入したら
功治と被る、という話がよくされていますし
私もそう思ってたんですが
良く考えると
被るのはむしろ狩野のほうで、
功治と被るのは背番号と頑固なことくらいかもなぁ、などとも。
功治も頑固、俊輔も頑固。
浩吉さん、大変ですな。


試合のほうは、飯倉がまさかの・・・
でも前半セットプレーで追いついてくれて
その後、松田得意のドンピシャロングフィードから田中!
やっぱ松田がると違うね!
視野が広いし最近ロングの精度がさらに向上してる気がします。
[PR]
by hama_kenbunroku | 2009-05-10 05:40 | 観戦記 | Comments(0)
line

日産スタジアムバスクタ2階からの、横浜Fマリノス応援・見聞録


by hama_kenbunroku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite